調剤薬局のM&Aとは?メリットとその流れについて

M&Aとは英語のmergers and acquisitionsの略であり、企業の合併や買収を意味します。
事業の譲渡や資本業務の提携などが行われ、事実上の経営権の移動が実行される流れとなります。

M&Aは「乗っ取られる」「経営権が奪われる」などを理由にネガティブイメージを抱かれがちですが、事業の現状と展望を冷静に見極めることにより、非常に有効な手段だと理解できます。調剤薬局においても例外ではなく、事業承継の難しさなどを背景にM&Aを検討する動きが強まっています。

そこで今回は、調剤薬局においてM&Aを実行するメリットやその流れなどについて詳しくお話していきます。ご自身の事業をしっかりと存続させ、新たなチャレンジや安泰な今後に活かすためにも、ぜひ今回の記事をお役立てください。

1.調剤薬局でのM&Aが理想的な理由

病院からの薬を処方する調剤薬局は私たちにとってなくてはならない存在であるものの、現在では多くの薬局が先行き不安から多くの課題を抱えております。その背景には以下のような理由があります。

1.1 深刻な後継者不足

まずは調剤薬局の経営を引き継ぐ後継者が不足していることです。事業の引き継ぎは経営者の子供や従業員に対するパターンが一般的ですが、近年ではその傾向が弱まっています。

特に親族間で事業承継を行う親族内承継には、その動きが顕著に表れています。例えば親が経営者だからと言ってその子供にも経営手腕が備わっているとは限らないことから、親としても子供としても引き継ぎを期待しないというケースが多いです。また、親としても子供には好きな道を歩んで欲しいという思いがあり、事業を継がせないケースもあります。

1.2 調剤薬局業界全体の不安

医療費削減の影響を受け、調剤薬局は薬価差益の縮小や診療報酬の抑制など、経営に関しては厳しい現実に直面しています。また、大手薬局チェーンやドラッグストアーとの併設店などが次々と台頭していることもあり、調剤薬局の今後はますます厳しくなっていくと予想されます。

今後のことを考え、早期に廃業及び店舗の撤退をする薬局も少なくありません。
この動きは業界全体に当てはまり、先行き不安もあり廃業する薬局も少なくないほどです。

このような背景をもとに、近年では調剤薬局のM&Aが進んでいます。事業承継がスムーズに行われる上に創業者利潤を得られるケースが多く、薬局にとっても経営者にとっても大きなメリットが期待できます。

2.M&Aのメリットとは?

規模や資本がある企業が中小企業を買収するのは、よくある動きです。調剤薬局でもその例にもれずにM&Aの動きが強まっていて、企業と社員にとってのメリットが評価されています。以下、それぞれのメリットについてご説明します。

2.1 企業にとってのメリット

まず、企業にとってのメリットはコストをかけずにワンランク上の経営が可能となることです。

現状よりも規模と資本が多い企業からの買収を受けることにより、買収先のルールやマニュアルに則っての経営がおこなわれます。大企業が採用しているIT技術やマネジメント、人材管理などが使えるようになるため、仕事の効率化がさらに進んでいくことでしょう。そのうえ余計なコストをかけずに実現できることから、コストパフォーマンスとして非常に大きな結果を期待できます。

また、薬局としてのブランド力を高められることも、M&Aならではのメリットだと言えます。規模と資本力に恵まれた企業がバックにつくことにより、そのブランド力に魅力を感じた優秀な人材が次々と集まってきます。ご自身の事業をさらに優秀な人材が盛り立ててくれるので、今後の事業の明るい未来が約束されるでしょう。

多角的な経営を目指すなら、M&Aが企業にもたらすメリットは非常に多いです。

2.2 社員にとってのメリット

調剤薬局におけるM&Aは企業だけでなく、社員にとってのメリットも多いと考えられています。

調剤薬局のみならず多くの中小企業では、中小企業ならではのルールやマニュアルがあります。IT技術や優れたマネジメントを採用できれば仕事の効率化が促進されますが、企業としての規模を考えると難しい面があります。その現状は社員の働き方にも影響を与え、モチベーションや勤労意欲の低下を招くことがあります。

そこで大企業のルールやマニュアル、福利厚生を受けられるようになると、職場環境が大幅に改善されます。実際に大企業に買収された中小企業の社員が生き生きと働いている姿を見ると、その効率性に納得できることでしょう。

また、M&Aは薬剤師のキャリアアップにも役立ちます。調剤薬局自体が薬の受け渡す場所から医療や介護、福祉と連携した地域医療の場としての発展を遂げ、薬剤師にとっても大きな経験となり、活躍の幅が増えていきます。さらに海外研修に参加できるなどの制度も整い、ステップアップのためのステージが用意されることも、M&Aならではのメリットだと言えます。

経営権を買収先に譲ることは気が引けるかもしれませんが、調剤薬局と薬剤師の今後について考えると、決して悪い選択肢ではないと考えられます。

3.M&Aを進める流れ

M&Aのメリットに魅力を感じたら、ぜひ一度検討してみることをおすすめします。ここではM&Aを実行するうえでの基本的な流れについてお話しします。

3.1 相談

M&Aを仲介する会社に、会社を売却する意思を伝えましょう。専属のコンサルタントが訪問し、秘密保持契約を前提に会社概要や決算書などのデータを確認します。調剤薬局業界の現状や今後の展望を把握した上で、譲渡の条件や希望をヒアリングしていきます。

相談自体なら無料か低価格で受けられるので、積極的に活用していきましょう。

3.2 実現性の検討

調剤薬局から受け取った資料をもとに、専属コンサルタントがM&Aが実現可能かを検討します。資料や企業の評価から現状を確認し、譲渡先への情報収集を進めていきます。

また、この時点でM&A仲介会社と提携仲介契約を結ぶ流れとなります。

3.3 譲渡先企業の探索

企業分析や調査の結果から、譲渡に適した企業を探していきます。譲渡先の候補は日本全国にわたる為、幅広い選択肢からのM&Aが期待できます。こちら側の希望も通せるため、候補の中から適した企業を選んでいきましょう。

3.4 面談

譲渡先企業と面談を行い、M&Aについて意見を交わします。数々の選択肢の中からもっとも良いと思った企業との面談となりますが、複数候補がある場合にはその分面談を実現できます。

売却が実現可能だと判断したら、条件の概要を決めていきます。M&A仲介会社がサポートにまわるので専属のコンサルタントが親身にサポートしますので、不安なことは何でも相談してみましょう。

3.5 M&A成立

買い手企業の買収監査実施後、最終条件などがまとまり、M&Aが成立します。実行前後には両者の関係者に対して公表し、今後の展開を伝えます。

公表時期や方法については、専属のコンサルタントからのアドバイスやサポートを受けられますので、積極的に活用することをおすすめします。

以上がM&Aの基本的な流れになります。まずはM&A仲介会社に相談し、実現性と具体性について知識を深めていくことが先決です。


 

調剤薬局の今後や後継者問題について考えると、今後はさらに厳しい道を歩んでいくことになるでしょう。企業としての存続と薬剤師のキャリアアップ、経営者の安泰な今後を実現するためには、M&Aという選択肢が非常に役立ちます。

信頼できる業者にサポートを依頼すれば、優良な企業との取引が実現できます。今後の展望に不安があり、より良い未来を築いていきたいのであれば、ぜひM&Aを活用してみたらいかがでしょうか。