調剤薬局で後継者不足!?その現状とは

中小企業の存続のキーポイントとなるM&A。企業と経営者、従業員にとってのメリットが多いとして、多くの企業が検討している手法です。調剤薬局でも例外ではなく、今後M&Aの動きは加速していくと予想されます。

病院で処方された薬を患者に手渡す調剤薬局は、医療と健康を支える上で必要不可欠な存在ですが、その一方でのM&Aの加速化には疑問が残ることが否めません。それには数々の原因がありますが、もっとも大きなポイントは後継者不足です。

そこで今回は、調剤薬局における後継者問題や業界としての先行きについてお話していきます。そのような情勢を生き残るためのM&Aの可能性についてもご説明しますので、ぜひこの機会にお役立てください。

1.引継ぎが難しくなっている調剤薬局

社会的になくてはならない存在でありながら、現在では調剤薬局は先行き不透明な時代に直面しています。その原因として、後継者の不足が問題視されています。

1.1 適切な後継者がいない

調剤薬局のオーナーが高齢となり引退を考えているときに、適切な後継者が見つからないという問題があります。

調剤薬局に限らずさまざまな企業において、事業承継には子供や親族に経営権を譲る親族内承継が盛んに行われてきましたが、現在ではその動きは減少しています。経営者の子息に十分な経営能力があるとは限らないこと、また子供や孫には好きな道を歩ませたいという希望から、親族間で事業承継がなされることは少なくなりました。

これに対して優秀な従業員に経営権を譲る親族外承継が注目されていますが、こちらも必ずしも安泰な将来を期待できる手段とは言えません。特に中小規模の調剤薬局を経営している場合、経営者がオーナーであるケースがほとんどです。株の保有者はオーナーになるため、経営権を譲るには従業員に株式を買い取ってもらわなければなりません。その莫大なコストから、いくら優秀な従業員でもさすがに事業引き継ぎはできない、と考えるケースもあります。

このような背景から、調剤薬局の後継者問題はますます加速していくと思われます。

2.後継者問題が加速している、調剤薬局の現状

調剤薬局で後継者問題が加速している原因は、業界全体の先行き不安にあります。私たちの健康と医療業界を支えていく為に調剤薬局は不可欠な存在であるはずなのに、一体なぜそのような問題が起こるのでしょうか

2.1 政策による収益減

国の政策による収益減少は、調剤薬局業界に大きな打撃を与えています。薬価差益の縮小や診療報酬の抑制などを原因に医療費削減が進み、調剤薬局の収益性に大きなダメージを受けています。

このような状況下では中小規模の調剤薬局の生き残りは難しく、M&Aの動きが強まっています。

2.2 薬剤師不足

調剤薬局での薬剤師が不足していることも、後継者問題が深刻化する原因の一つです。

薬学部の6年制の移行に伴い、慢性的な薬剤師不足が問題視されています。同時に大手チェーンが積極的に人材を募集していることから採用費や教育費が高騰し、中小規模の調剤薬局にとって大きな打撃となっています。

こうして見ていくと、薬局自体の需要は依然として高いものの供給側の現状や競争率が激化している為に、後継者問題が浮き彫りになっていると考えられます。今後も高齢化社会が進むことを考慮すると調剤薬局はさらにその需要性が高まると言えますが、このような状態が続くと供給側が追い付いていけないのではないかと問題視されています。

3.解決するにはM&Aが役立つ

ありあまる需要とは裏腹に業界全体での再編・淘汰が不安視される調剤薬局問題を解決するには、M&Aが役立ちます。買収・合併との意味合いを持つM&Aは「事実上の乗っ取り」「経営権が奪われるのではないか」とネガティブなイメージを抱かれがちですが、業界の存続と企業の展望性を考えると、十分にメリットが多い打開策です。

3.1 調剤薬局のM&Aにはメリットが多い

調剤薬局のみならず、あらゆるビジネス業界でM&Aの動きが強まっています。企業側にとっても経営者側にとってもメリットが多いので、調剤薬局や薬剤師にとっても良い展望が期待できることでしょう。

企業側のメリットとしては、企業としてのブランド力を高められるという点があります。譲渡先は大手企業や一流企業となる為、合併後は優良企業のルールや技術、マニュアルなどが採用されます。これによって仕事の効率化や収益アップが実現され、より良い経営を進められます。

また、就職する薬剤師にとってもメリットが多いです。大企業の福利厚生を受けて勤労条件が改良され、仕事に対するモチベーションアップに繋がることが第一のメリットです。それに加えて海外研修や高度な知識を学べる機会を得られるのも、多くの資本を持つ大企業だからこそできることです。したがってM&Aに踏み切ることにより、企業と従業員のどちらにも良い結果がもたらされます。

3.2 創業者利潤を残せる

創業者利潤を最大限残せることも、M&Aならではのメリットだと言えます。

創業者利潤の残し方には株式の公開や清算がありますが、株式公開は厳しい審査に合格する必要があり、その審査自体はそれほど頻繁に受けられるものではありません。また、清算をするのにも税金の負担が多くなるため、場合によっては大部分の資産を失うこともあります。こうして考えると、株式公開は、ハードルが高く清算は、創業者利潤を残すために有効な手段だとは言い切れません。

そこでM&Aを行うことにより、創業者利潤を最大限残せるようになります。残った利潤で新たなビジネスに挑戦することも今後の生活資金に活かすことも自由です。

3.3 調剤薬局のM&Aは、今がチャンス

調剤薬局におけるM&Aは、企業にとっても薬剤師にとってもメリットが多い選択肢となりますが、今がチャンスという状態にあります。現在では業界全体で圧倒的な売り手市場となっていることから、こちら側にとって非常に有利な条件での取引が可能となるためです。

このような売り手優位の状態は長くは続かず、チャンスを逃すと大部分での妥協を強いられる結果になります。だからこそ、できるだけ早めの情報収集と検討が必要です。


 

以上、調剤薬局全体の後継者問題についてお話しました。その背景には業界全体が直面する厳しい現実があり、それを理解した上での対応が必要です。売り手優位になっているうちにM&Aを検討するなどして、今後の展望を明るくしていくことをおすすめします。