調剤薬局のM&Aにおける売り手側、つまり薬局オーナーは、M&Aを実践することで後継者問題を解決できますし、単純に売却益を得ることもできます。
では、調剤薬局のオーナーにとって、M&Aに踏み切ることには、他にどんなメリットがあるのでしょうか?
意外なメリットも多いため、具体的に解説します。

①地域医療への貢献を継続できる

調剤薬局のM&Aにおける売り手側のメリットには、まず“地域医療への貢献を継続できる”ということが挙げられます。
後継者がいなかったり、経営不振に陥っていたりするからといって、調剤薬局を廃業してしまうことは、すなわち地域医療から撤退するということになります。
また、これは取引先の医療機関、あるいはそのエリアに住む患者の方に対し、多少なりとも迷惑をかけることになるでしょう。
ただ、M&Aを行えば、新しい経営母体の元、地域医療への貢献は継続させることができます。
これは日本の医療業界にとって、非常に大きなメリットです。

②優秀な人材を潰さずに済む

調剤薬局のM&Aにおける売り手側のメリットには、“優秀な人材を潰さずに済む”ということも挙げられます。
調剤薬局が廃業してしまえば、当然従業員は別の勤務先を探すことになります。
しかし、どれだけ実績のある薬剤師であっても、ある程度年齢を重ねている場合、なかなか次の勤務先が見つからないこともあります。
ただ、M&Aを行えば、従業員が職を失う心配もありません。
つまり、M&Aは、優秀な人材を現場に残し、次世代の優秀な薬剤師を育てることにも一役買う選択肢だということです。

③事業拡大に繋がる可能性がある

調剤薬局のM&Aにおける売り手側のメリットには、“事業拡大に繋がる可能性がある”ということも挙げられます。
これは、多角化経営を行う調剤薬局が得られるメリットで、要はM&Aによって調剤薬局という“事業”を売却し、企業全体の経営をスリム化することで、他の事業に注力できるようになるということです。
例えば、調剤薬局と飲食店を経営する企業があった場合、M&Aによって調剤薬局事業から撤退し、飲食店経営をより手広く行うことができるでしょう。
もちろん、新たな事業をスタートさせられる可能性もあります。

まとめ

ここまで、調剤薬局のM&Aにおける売り手側(オーナー側)のメリットについて解説してきましたが、いかがだったでしょうか?
意外なメリットも多いということは、理解していただけたかと思います。
もちろん、すべての調剤薬局に当てはまることではありませんが、さまざまな形のM&Aがあるということだけは、この機会に覚えていただきたいと思います。