2020年7月1日、レジ袋を取り扱うすべての業種において、“レジ袋有料化”がスタートします。
また、これには当然調剤薬局も含まれています。
では、調剤薬局はレジ袋有料化に向けて、一体どのような準備をすれば良いのでしょうか?
詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

①有料になるもの、ならないものを把握しておく

当然のことですが、調剤薬局は有料になるレジ袋、ならないレジ袋を把握しておかなければいけません。
7月から有料になるのは、患者が薬等を持ち運ぶ際に用いる、“持ち手”が付いたプラスチック製のレジ袋です。
つまり、持ち手がないものやチャック袋は、有料にならないということですね。
また、繰り返し使用できるもの、微生物によって海洋で分解されるもの、温暖化対策に寄与するものなど、地球に優しいレジ袋に関しても、有料化の対象外となるため、覚えておきましょう。

②レジ打ち対策を取る

調剤薬局がレジ袋有料化に向けて行う準備としては、レジ打ち対策を取ることも挙げられます。
調剤の領収書に関しては、レセコンで打ち出されますが、レジ袋の代金に関しては、調剤とは別に領収書を出さなければいけません。
したがって、早めに対策を取っておかないと、非常に面倒なことになります。
また、具体的な対策としては、レセコンの領収書にレジ袋代を組み込む、同時会計が可能なPOSレジを使用するといったことが挙げられます。
その他でいうと、レジ袋の金額を記入した領収書を大量に用意しておくといった対策も効果的ですね。

③レジ袋の価格を決めておく

調剤薬局がレジ袋有料化に向けて行うべき準備には、レジ袋の価格を決めておくことも挙げられます。
レジ袋の価格に関しては、事業者が独自に設定することになっています。
つまり、何円で売っても良いということですね。
ただ、あまりにも高い価格に設定すると、患者が離れたり、トラブルが発生したりする原因となってしまいます。
また、レジ袋有料化の主な目的は、プラスチックゴミの排出を抑えることであり、調剤薬局がこれまで以上に利益を得ることではありません。
そのため、基本的には1枚1~3円に設定することをおすすめします。

まとめ

ここまで、調剤薬局がレジ袋有料化に向けて準備しておくことについて解説しましたが、いかがだったでしょうか?
調剤薬局は、来るべきレジ袋有料化に備えて、業務効率を落とさないための準備、患者に迷惑をかけないための準備をしておかなければいけません。
また、店頭などにレジ袋有料化の告知を貼り出し、患者に認知しておいてもらうことも大切です。