調剤薬局のM&Aをするのであれば、なるべく好条件での売却を成功させたいですよね。
もちろん、M&Aは出会いですので、良い買い手企業が現れなければ好条件では売れませんが、売り手である調剤薬局が少し工夫することで、その可能性はかなりアップします。
今回は、具体的にどのような工夫をすべきなのかについて解説します。

①高齢者施設とのパイプを作る

調剤薬局の売上をアップさせれば、当然買い手企業にとって魅力を感じてもらえるため、好条件でのM&Aが成功しやすくなります。
また、売上アップを狙うための具体的な方法としては、特養老人ホーム等高齢者施設とのパイプを作ることが挙げられます。
やはり、高齢者施設の薬のニーズは多いですし、一度しっかりと繋がりを持つことができれば、買い手企業に対しての大きなアピールポイントとなるでしょう。

②人材を揃える

単純に、調剤薬局は人員を豊富にすることでも、好条件でのM&Aを成功させやすくなるでしょう。
調剤薬局業界は、依然として薬剤師が不足しています。
したがって、これから運営規模を拡大していこうとする買い手企業にとって、薬剤師が揃っている調剤薬局は、とても魅力的に映ります。
また、買い手企業の中には、薬剤師を確保するために調剤薬局を買収しようと考えるところもあるため、人員が豊富であれば、それだけ選択肢が増えることにもなります。

③ニーズが少ない時期を避ける

買い手企業のニーズが少ない時期を避ければ、調剤薬局は当然好条件でのM&Aを成功させやすくなります。
例えば、近隣で同業者が営業を始めるタイミング、調剤報酬の改定を挟むタイミング、近隣の調剤薬局が廃業したタイミングなどは、買い手企業のニーズが少なくなるため、避けなければいけません。

④コンサルタントに相談する

調剤薬局が好条件でのM&Aを成功させるにあたって、M&Aコンサルタントの存在は欠かせません。
オーナー自らの考えで行える工夫にはある程度限界があるため、コンサルタントから違った角度からのアドバイスをもらうことは重要です。
もちろん、基本的なポイントを押さえられているか確認するためにも、コンサルタントの力は必要です。

まとめ

ここまで、好条件で調剤薬局のM&Aを成功させるための工夫について解説してきました。
調剤薬局は、買い手企業が何を求めているのか、どんなときに買い取りたいと思うのかを考えることで、M&Aを有利に進めることができます。
もちろん、買い手企業の運営実績などについて調査することでも、良い条件は整いやすくなるため、そこはコンサルタントの力を借りて綿密に行いましょう。