その昔、調剤薬局は1つの病院につき1つ構えられているケースが多々見られました。
そのため、多くの調剤薬局は集患に困ることも少なかったですが、近年は1つの病院に対して複数の調剤薬局があることも珍しくありません。
したがって、調剤薬局は今回解説する3つの売上アップのポイントを意識しましょう。

①町内会と良好な関係を築く

調剤薬局の売上アップに欠かせないポイントとして、まず町内会と良好な関係を築くことが挙げられます。
オフィス街など、限られた立地条件でなければ、ほとんどの調剤薬局はいずれかの町内会に所属しているでしょう。
また、町内会と良好な関係を築くことで、今後近隣住民に来院してもらえる可能性は高くなります。
例えば、町内会のイベントにおいて、薬や健康に関するセミナーを開催すれば、多くの方に名前を覚えてもらえますし、コミュニケーションを取ることができます。

②介護保険事業者と連携する

調剤薬局の売上アップに欠かせないポイントとしては、介護保険事業者と連携することも挙げられます。
介護保険事業者とは、高齢者に向けた居宅介護支援事業、訪問介護支援事業、通所介護支援事業、訪問入浴事業などを行っている事業者をいいます。
簡単にいうと、高齢者向けのサービスを展開している事業者ですね。
薬を必要とする方の中には、高齢者の方も多いため、定期的に事業者の元を訪れることで、調剤薬局の集患は増加するでしょう。
また、介護支援事業者と連携することができれば、訪問薬剤指導などの業務を依頼される可能性もあります。

③待ち時間の問題を解消する

調剤薬局の売上アップに欠かせないポイントには、待ち時間の問題を解消することも挙げられます。
たとえ、懇切丁寧なサービスを行っている調剤薬局であっても、待ち時間が長ければなかなか集患が伸びず、売上をアップさせることができません。
そのため、よく処方される散剤、軟膏の合剤などに関しては、すぐ処方できるように予製剤を用意しておくなど、待ち時間を減らすための工夫をしましょう。
また、待ち時間を調剤薬局の電光掲示板、あるいは患者のスマートフォンで確認できるようにするなど、待ち時間の可視化を実施することも大切です。

まとめ

調剤薬局業界では、以前より多くM&Aが行われるようになっています。
もちろん、M&Aに踏み切った調剤薬局の中には、工夫してもなかなか売上がアップせず、競合する薬局に勝てなかったことで、M&Aを決断したところもあるでしょう。
そのため、調剤薬局は経営が困難な状況になる前に、打てる手をすべて打っておかなければいけないのです。