調剤薬局は、常に清潔感のある局内にしておくことで、患者の印象が良くなります。
また、さまざまな病気を持つ患者が集まることもあるため、普段から正しい清掃を心掛けなければいけません。
ここからは、調剤薬局の清掃方法について、そして清掃を行う時間などについて解説していきます。

調剤薬局の清掃の正しい清掃方法

調剤薬局は、常に清潔にしておく必要があるという話をしましたが、今はよりその意識を強く持っておかなければいけません。
なぜなら、新型コロナウイルスの感染拡大は継続しているからです。
新型コロナウイルスは、飛沫感染だけでなく接触感染でも広がっていきます。
したがって、調剤薬局において手がよく触れる場所(ドア、手すり、カウンター、イス、スイッチなど)について、消毒用アルコールや界面活性剤を含む住居用洗剤等で、定期的な清拭を行いましょう。

調剤薬局のトイレ清掃について

調剤薬局は、トイレの清掃に関しても注意を払うべきです。
特に、新型コロナウイルスに感染している可能性のある患者、あるいはその濃厚接触者が来院し、トイレを使用した後は、徹底的に清拭します。
具体的には、次亜塩素酸ナトリウム(1,000ppm)やアルコール(70%)による清拭を行いましょう。
ちなみに、次亜塩素酸ナトリウムには、市販の家庭用漂白剤等が該当するため、すぐに購入できます。

調剤薬局の清掃はいつ行う?

各局考え方は異なりますが、調剤薬局の清掃は、基本的に午前診療開始前の朝、午後診療が始まる前に行われます。
また、清掃の方法にもいくつかの種類があり、基本的には毎日スタッフ全員で分担する方法、各従業員が担当曜日に早出をして行う方法、毎日清掃担当のスタッフのみで行う方法の3パターンに分かれます。
もちろん、どのように行うかは調剤薬局のオーナーが決めることですが、新型コロナウイルスの感染拡大が収束するまでは、基本的に毎日スタッフ全員で分担することをおすすめします。
なぜなら、一丸となって徹底的に清掃する方が、接触感染のリスクは低くなると予想できるからです。
もちろん、マスクの装着など、基本的な飛沫感染の対策も忘れてはいけません。

まとめ

ここまで、調剤薬局における正しい清掃方法などについて解説してきましたが、いかがだったでしょうか?
今、調剤薬局はとにかく、新型コロナウイルス対策に繋がる清掃を徹底しましょう。
もし、清掃がおろそかになってしまえば、高齢者の方や免疫力が落ちている患者も多く訪れる調剤薬局において、“クラスター(小規模な集団感染)”が発生してもおかしくありません。

本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ