調剤薬局には、子育て中の女性薬剤師が勤務する場合もあります。
このような場合、調剤薬局のオーナーは子育て中でも働きやすいような環境整備をしましょう。
そうすることで離職率を下げることができ、薬剤師だけでなく調剤薬局にとってもプラスになります。
では、具体的にどんな環境整備をするべきなのでしょうか?

時間の融通が利く環境を整える

調剤薬局のオーナーは、子育て中の女性薬剤師が働きやすくなるように、まず時間の融通が利く環境を整えるべきです。
子育てをしている女性薬剤師は、子どもの体調が悪くなったというような理由で、どうしても急に休まなければいけないことがあります。
したがって、オーナーはそのようなケースに対応できるように、なるべく常勤薬剤師を増やすようにしましょう。
もちろん、人件費との兼ね合いも考慮すべきですが、時間の融通を利かせてあげることで、離職率はほぼ確実に下がります。

残業が少ない環境を整える

調剤薬局のオーナーは、子育て中の女性薬剤師が働きやすくなるように、残業が少ない環境を整えることも考えましょう。
子どもがまだ小さい女性薬剤師の場合、夕方ごろにはお迎えに行かなければいけませんし、その後家事をこなさなければいけないケースも多いです。
つまり、残業は子育てをするにあたって、大きな障害になるということです。
したがって、オーナーは子育て中の女性薬剤師が定時で退勤できるよう、うまく業務を振り分ける必要があります。

その他の環境整備について

調剤薬局のオーナーが行うべき、子育て中の女性薬剤師に対する環境整備には、他にも以下のようなことが挙げられます。
実践できそうなものがあれば、積極的に採り入れましょう。

①駐車場の設置
調剤薬局に従業員用の駐車場があれば、朝子どもを保育園まで送った女性薬剤師が、そのまま車で通勤できます。

②託児所の設置
調剤薬局に託児所が設置できれば、子育て中の女性薬剤師でも気兼ねなく働けるでしょう。
経営の苦しい調剤薬局にとっては難しい環境整備かもしれませんが、これに近いアイデアは考えるべきです。

③在宅勤務の許可
すべての業務を行うことはできませんが、特に問題ない業務に関しては在宅勤務を許可することで、女性薬剤師は子どもを見ながら働けます。

まとめ

今回は、子育て中の薬剤師に向けた調剤薬局の環境整備について解説しましたが、いかがでしたか?
近年、働きながら子育てをするという女性は急増しています。
したがって、調剤薬局のオーナーが行う環境整備は、今後より重要になってくるでしょう。
もちろん、環境を整える際には、実際女性薬剤師からの要望に耳を傾けることも大切です。

本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ