経営状況が芳しくない調剤薬局は、改善策の一環として、新たなサービスの導入を検討するべきです。
また、調剤薬局の新しいサービスとして、今回提案したいのが、高齢者施設への薬剤配達サービスです。
ここからは、高齢者施設への薬剤配達サービスの概要について解説しますので、調剤薬局のオーナーはぜひご覧ください。

調剤薬局が導入すべき、高齢者施設への薬剤配達サービスとは

調剤薬局が導入すべき、高齢者施設への薬剤配達サービスとは、調剤薬局が処方箋の指示に従って調剤を行い、適切な処理をした上で、高齢者施設に薬剤を配達するサービスのことを言います。
具体的には、受け付けた処方箋をレセプトコンピュータに入力し、調剤後に検薬、服用ミスを防ぐための印づけ、セットを行い、配達するという流れになります。
また、このサービスを実施する調剤薬局は、高齢者施設に対して、以下のようなメリットをアピールしていくことで、利用してもらえる可能性が高くなるでしょう。

調剤薬局がアピールすべき、高齢者施設への薬剤配達サービスのメリット①介護士、看護師の負担が軽減される

高齢者施設で勤務する介護士、看護師の医療的処置のおよそ7割は、薬剤に関連する業務だと言われています。
つまり、介護士や看護師は、薬剤に関連する業務に多くの時間を取られているということですね。
そのため、調剤薬局は、薬剤配達サービスを利用することで、薬剤関連業務にかかる負担が軽減されるということを、高齢者施設に対して積極的にアピールしていきましょう。
もちろん、介護士や看護師の負担が軽減されるだけでなく、薬剤関連業務に費やす時間が少なくなる分、他の業務に時間が費やせるということも、大きなアピールポイントだと言えます。

調剤薬局がアピールすべき、高齢者施設への薬剤配達サービスのメリット②調剤過飲などの防止に繋がる

薬剤配達サービスで配達される薬剤は、レセプトコンピュータへの処方入力を経た上で調剤されているものです。
そのため、高齢者施設が薬剤配達サービスを利用すれば、調剤過飲などの防止にも繋がります。
調剤薬局は、この点についても、しっかり高齢者施設にアピールしていきましょう。

まとめ

ここまで、調剤薬局が導入すべき、高齢者施設への薬剤配達サービスについて解説してきました。
高齢者施設の中には、まだまだ人手が足りていないところも多いため、自院のホームページなどにおいて、薬剤配達サービスについてアピールすれば、利用する施設はある程度現れるでしょう。
多少の導入コストはかかりますが、検討してみる価値はあると思います。