調剤薬局において、優秀な薬剤師の存在は必要不可欠です。
優秀な薬剤師は、きちんと自身の仕事をこなしてくれるだけでなく、調剤薬局にとってプラスになる行動を取ってくれるためです。
では、調剤薬局にとってプラスになる薬剤師には、一体どのような特徴があるのでしょうか?

調剤薬局にとってプラスになる薬剤師の特徴①几帳面

調剤薬局にとってプラスになる薬剤師には、几帳面な性格の方が多いです。
薬剤師にとって、もっとも基本的かつ重要な仕事は、何といっても“薬の調剤”ですが、几帳面な性格でないと、調剤においてミスが発生しやすくなってしまいます。
調剤のミスは、調剤薬局の評価を大きく下げることになるため、正確に調剤を行ってくれる薬剤師がいるだけでも、調剤薬局にとっては大きなプラスになります。

調剤薬局にとってプラスになる薬剤師の特徴②聞き上手

調剤薬局にとってプラスになる薬剤師には、聞き上手な方も多いです。
調剤薬局には、不特定多数の患者が訪れます。
そのため、どんな患者に対しても丁寧に対応し、それぞれの話をしっかり聞くことができる薬剤師がいれば、調剤薬局にとってはとてもプラスになります。
また、聞き上手な薬剤師がいれば、患者がどんなことで悩んでいるのか、または調剤薬局のどんなところに不満を持っているのかを聞き出すこともできるでしょう。
それは最終的に、調剤薬局におけるサービスや接客の質の向上に繋がります。

調剤薬局にとってプラスになる薬剤師の特徴③話し上手

調剤薬局にとってプラスになる薬剤師には、話し上手な方も多いです。
薬剤師は、調剤薬局に訪れた患者に対して、薬の効果、服用方法、副作用などを説明しなければいけません。
ただ、患者の多くは医療の知識を持っていない方のため、専門用語を並べるような話し方だと、うまく薬の効果や副作用などが伝わりません。
特に、高齢者の患者が相手の場合は、いかに簡単な言葉で理解してもらえるかを意識する必要があります。
どれだけ患者の声に耳を傾けられるとしても、患者が知りたい情報をしっかり伝えることができないと、「あそこの調剤薬局の薬剤師は頼りない」と思われてしまうでしょう。

まとめ

ここまで、調剤薬局にとってプラスになる薬剤師の特徴を解説してきましたが、いかがだったでしょうか?
ここまで解説したことをまとめると、患者の立場になって行動できる薬剤師は、調剤薬局にとってプラスであるということになります。
そのため、薬剤師を評価する際は、仕事を迅速にこなす能力だけでなく、仕事の正確性やコミュニケーション能力などについてもチェックするようにしましょう。