調剤薬局に設置する看板は、集客に大きく影響します。
そのため、新たなサービスを展開し、集客を増やそうとしている調剤薬局は、人が集まる看板を意識して設置しなければいけません。
今回は、調剤薬局の看板におけるポイントを具体的に解説しますので、ぜひ参考にしてください。

調剤薬局の看板におけるポイント①文字について

調剤薬局の看板における文字は、なるべく太く、大きくしましょう。
文字が細く小さいと、遠くからの視認性がとても悪くなります。
また、調剤薬局の外に設置されている看板は、いつでも見やすい状態ではありません。
雨が降ったり、暗くなったり、陽の光が強くなったりすると見えにくくなるため、最初から太く、大きい文字にしておくことはとても重要です。

調剤薬局の看板におけるポイント②色について

調剤薬局の看板では、背景と文字の色が被らないように注意しなければいけません。
重なる2つの色にしっかりメリハリを付ければ、一気に見やすい看板になります。
また、調剤薬局の看板には、なるべく多くの色を使用しないことをおすすめします。
なぜかと言うと、色が多くなると目が散ってしまい、書かれている文字をはっきり認識してもらえない可能性があるためです。

調剤薬局の看板におけるポイント③デザインについて

調剤薬局の看板は、できる限りシンプルなデザインにすることをおすすめします。
通行人の多くは、調剤薬局の看板を歩きながら見ることになるため、パッと見ただけで調剤薬局であるとわかってもらえるようにしなければいけません。

調剤薬局の看板の種類について

①電飾看板
暗くなっても明かりが付くため、視認性は高い看板です。

②T型看板
Tの字を逆にしたような形状の看板で、看板の表示面が大きく、目立ちやすいです。

③A型看板
横から見るとアルファベットのAのような形状になっている看板で、畳むことが可能なため、狭いスペースにも設置しやすいです。

④手書き看板
手書きで文字を表示できる看板で、アットホームな雰囲気を出すことができます。

⑤カーブ看板
表示面が曲線を描いている看板で、オシャレでスタイリッシュなイメージを与えることができます。

まとめ

ここまで、調剤薬局の看板におけるポイントについて解説してきましたが、いかがだったでしょうか?
これまで経営に苦しんでいた調剤薬局、集客方法を模索していた調剤薬局は、ぜひ1度自局の看板を見直してみましょう。
ドラッグストアやコンビニなど、ライバルが増加している昨今、集客を増やすためのサービス展開、差別化を図らなければ、調剤薬局は生き残れません。