退職する薬剤師が続出し、調剤薬局がM&Aや閉局に踏み切らなければいけなくなったという事例は、決して少なくありません。
したがって、調剤薬局のオーナーは、多くの薬剤師がどんな理由で退職を考えるのかについて把握しておき、退職者を減らす工夫をしましょう。

調剤薬局の薬剤師が退職を考える理由①教育体制、補助金制度が整備されていない

規模の小さな調剤薬局では、薬剤師の教育体制、研修内容、研修における補助金制度などが整備されていないことも多いです。
これらが整備されていないと、薬剤師のやる気は下がってしまい、成長しないだけでなく、退職を考えるようになってしまうため、オーナーは1度自局の体制を見直しましょう。

調剤薬局の薬剤師が退職を考える理由②給料が安い、上がらない

これは調剤薬局の薬剤師に限ったことではありませんが、給料が安かったり、いつまでも昇給しなかったりすると、多くの薬剤師は退職を考えるようになります。
また、同じ業務を行う他の薬剤師と比べて、給料に大きな差がある場合も、給料が少ない方の薬剤師は、仕事へのモチベーションを下げてしまうでしょう。
したがって、薬剤師ごとに給与の差を付けるのであれば、明確な基準を設けておき、給料を設定する場合は、周辺の調剤薬局の給料相場などを頭に入れておくべきだと言えます。

調剤薬局の薬剤師が退職を考える理由③プレッシャーが大きい

1つのミスも許されない空気、絶対に休めない環境、正確性と迅速さを求められる仕事など、プレッシャーが大きい調剤薬局の薬剤師は、退職を考えやすくなります。
確かに、調剤薬局の仕事には正確性と迅速さが必要ですが、オーナーが積極的に薬剤師に話しかけ、プレッシャーを与えない環境を作ることも大事です。

調剤薬局の薬剤師が退職を考える理由④評価システムが曖昧である

評価システムが曖昧で、努力しているにも関わらず、なかなか評価されないと感じる場合、薬剤師は退職を考えるようになるでしょう。
したがって、調剤薬局のオーナーは、勤続年数や資格の取得などを基準とした明確な評価システムを構築し、努力している薬剤師は評価され、待遇が良くなるような環境を整えなければいけません。

まとめ

ここまで、調剤薬局の薬剤師が退職を考える主な理由について解説してきました。
調剤薬局において薬剤師が不足すると、前述のような環境の整備にまで手が回らなくなってしまい、どんどん薬剤師が退職していくという負のスパイラルに突入します。
そのような状況になってしまっては、なかなか歯止めが効かなくなるため、前もって環境を整えておくことはとても重要です。