調剤薬局の中には、薬剤師が退職し、人手不足になることによって、急激に経営状況が悪化するところもあります。
したがって、薬剤師が退職しそうなサインを出している際は、すぐに面談の機会を設け、不満を解消するように努めましょう。
ここからは、薬剤師退職のサインについて、具体的に解説します。

調剤薬局のオーナーがチェックすべき薬剤師退職のサイン①急に口数が少なくなる

退職を考えている薬剤師は、急に職場での口数が少なくなる場合があります。
なぜなら、退職することに対して、“申し訳ない”という気持ちが強くなるほど、自然と会話の機会を避けるようになるためです。
したがって、調剤薬局のオーナーは、これまで饒舌に話していたにも関わらず、急に口数が減った薬剤師を見つけた場合、1度ゆっくり話す機会を設けるべきです。

調剤薬局のオーナーがチェックすべき薬剤師退職のサイン②急に業務がおろそかになる

これまで、しっかりと業務をこなしていた薬剤師が、急に業務をおろそかにし出した場合、退職のサインである可能性が高いです。
なぜなら、すでに退職するつもりの薬剤師の中には、「もう退職するから適当でいい」と考えてしまう方がいるためです。
このような薬剤師を見つけた場合も、調剤薬局のオーナーは、その薬剤師の悩み、不満を聞き出す努力をしなければいけません。

調剤薬局のオーナーがチェックすべき薬剤師退職のサイン③欠勤する機会が増える

欠勤する機会が増えるというのも、薬剤師退職のサインの1つです。
職場に不満があったり、ストレスを感じていたりする薬剤師は、職場に行きたくないと考えるためです。
また、パートの薬剤師の場合、以前よりも勤務時間が短くなることも、退職のサインだと言えるでしょう。

調剤薬局のオーナーがチェックすべき薬剤師退職のサイン④一切意見しなくなる

これまで、不満に思っていることについて定期的に相談してきた薬剤師が、急に一切意見しなくなった場合、退職のサインだと考えられます。
もちろん、その不満が解消されたため、意見しなくなったということも考えられますが、オーナーがその不満を解消する努力をしていない場合、残念ながら退職のサインである可能性が高いです。

まとめ

ここまで、調剤薬局のオーナーがチェックすべき、薬剤師退職のサインについて解説しました。
どれだけオーナーが汗水垂らして業務を行っても、薬剤師が不足してしまうと、調剤薬局の経営状況は下降線を辿ることになるでしょう。
したがって、常に現場の薬剤師の行動や態度をチェックし、悩みや不満を聞いて、改善できるところは改善するように努力しましょう。