調剤薬局のオーナーの中には、1つの店舗のみを経営している方も少なくありません。
ただ、M&Aと聞くと、どうしても複数の店舗を経営する中規模の調剤薬局に対して行われるイメージがあります。
果たして、規模の小さい調剤薬局でも、M&Aを成功させることはできるのでしょうか?

“M&Aは中規模の調剤薬局に対して行われるもの”というイメージが強い理由

冒頭で触れたように、M&Aと聞くと、中規模の調剤薬局に対して行われるイメージが強いです。
その理由としては、実際企業間で行われているM&Aでは、規模の小さい企業の需要が少なくなっていることが挙げられます。
また、企業間で行われるM&Aにおいて、規模の小さい企業の需要が少ない理由には、“シナジー効果が薄い”という理由があります。
つまり、規模の小さい企業を買収しても、自社の市場規模拡大、競争力アップには繋がりにくいと考える買い手が多いのです。

規模の小さい調剤薬局でもM&Aは成功する?

企業間で行われるM&Aにおいて、規模の小さい企業の需要が少ないことが、“M&A=中規模の調剤薬局に対して行われるもの”というイメージが強い理由だと解説しました。
では、企業同様、規模の小さい調剤薬局は、M&Aにおいて需要が低いのでしょうか?
結論を言うと、調剤薬局のM&Aにおいて、規模の小さい調剤薬局は需要があると言えます。
つまり、規模の小さい調剤薬局でも、十分M&Aは成功するということです。
調剤薬局のM&Aにおいて、規模の小さい調剤薬局の需要がある理由には、“買い手がリサーチを短縮できる”ということが挙げられます。
例えば、都内を中心に規模を拡大している、大手調剤薬局チェーンがあるとします。
この大手調剤薬局チェーンが、都内以外にも調剤薬局を進出したいと考える場合、そのエリアのリサーチを行わなければいけません。
ただ、このリサーチには時間も費用もかかるため、大手調剤薬局チェーンは、なるべくこれらの負担を減らしたいと考えます。
そんなときに効果的な方法が、そのエリアにある調剤薬局を買収するという方法です。
そのエリアで経営され続けてきた調剤薬局を買収すれば、当然リサーチの手間は省けます。
ましてや、1店のみを経営する規模の小さい調剤薬局ともなれば、そのエリアのことを熟知していると判断できるため、進出エリアを広げたい大手調剤薬局チェーンからすれば、とても魅力的なのです。

まとめ

今回解説したように、規模の小さい調剤薬局であっても、M&Aに成功する可能性は十分にあります。
したがって、“規模が小さいから、どうせ買い手は見つからない”と考えているオーナーは、まず1度M&Aコンサルタントに相談することをおすすめします。
調剤薬局のM&Aに踏み切れないこの間にも、1つ1つ成功するチャンスを逃してしまっているかもしれません。