調剤薬局のM&Aを考えている方は、誰もが同じような悩みを抱え、同じような疑問を抱いています。
したがって、今回は調剤薬局のM&Aを考えている方によくある質問に、Q&A形式でお答えしていきたいと思います。
1人でも多くの方の悩み、疑問を解決できれば幸いです。

調剤薬局のM&Aを考えている方によくある質問①譲渡先企業について

Q.調剤薬局のM&Aにおける譲渡先企業は、どこも大手企業ばかりなのですか?

A.調剤薬局のM&Aにおける譲渡先企業は、大手調剤薬局グループが中心となります。
ただ、もちろん大手ではない企業が譲渡先となる場合もあります。
例えば、これから店舗の数を増加させようと考える企業や、時には調剤薬局のオーナーを目指す個人の薬剤師が譲渡先となることも考えられます。

調剤薬局のM&Aを考えている方によくある質問②M&A後の従業員の処遇について

Q.調剤薬局のM&Aを行った後、調剤薬局に勤務する従業員はどうなるのですか?

A.調剤薬局に勤務する従業員は、基本的に譲渡先企業に移籍することになります。
譲渡先企業は、新しい人材を探すよりも、これまでその調剤薬局に勤務していた従業員をそのまま雇う方が、人材探しの手間が省け、経営もスムーズになると考えることが多いためです。

調剤薬局のM&Aを考えている方によくある質問③M&A後の進退について

Q.調剤薬局のM&Aを行った後、すぐに引退することは可能ですか?

A.M&A直後の引退は、決して不可能ではありません。
ただ、M&A期間中にオーナーとしてやるべきことをすべて終え、そのままオーナーを引退するということは、決して容易ではありません。
したがって、多くのオーナーは、1度オーナーという立場から退き、別の役職に就いて再び本格的なM&Aに向けた準備や手続きを行います。

調剤薬局のM&Aを考えている方によくある質問④処方箋枚数について

Q.調剤薬局のM&Aを成功させるには、1日にどれくらいの処方箋が必要なのでしょうか?

A.処方箋枚数だけで、M&Aが成功するかどうかは判断できません。
例えば、少ない処方箋枚数であったり、経営不振であったりする調剤薬局でも、M&Aに成功した事例はあります。
ただ、経営状況があまり良くない調剤薬局の場合、コンサルタントに仲介してもらわない限り、なかなか譲渡先企業は見つからないことが予想されます。

まとめ

ここまで、調剤薬局のM&Aを考えている方によくある質問にお答えしてきましたが、いかがだったでしょうか?
調剤薬局のM&Aを行う機会は、人生においてそう何度も訪れるものではありません。
したがって、たくさんの悩みや疑問が生まれることは、ごく自然なことだと言えます。
重要なのは、その悩みや疑問を解決させ、M&Aを正しい方向に導いていくことなのです。