人手不足に悩んでいる調剤薬局は非常に多く、人手不足が原因で閉局を余儀なくされるというケースも少なくありません。
したがって調剤薬局のオーナーは、なるべく薬剤師が退職し、人手不足になってしまうことを防ぐために、薬剤師が不満に思うことを理解し、対策を取りましょう。

調剤薬局の薬剤師が不満に思うこと①給与が少ない

これはどんな職業の方にも言えることかもしれませんが、調剤薬局で働く薬剤師は特に、給与が少ないことに不満を抱いているケースが多いようです。
したがって、薬剤師から給与に関する相談を受けた場合などは、ないがしろにせず対策を取りましょう。
具体的には、人件費以外の費用を極力抑え、人件費に回せる資金を増やすなどの対策が挙げられます。

調剤薬局の薬剤師が不満に思うこと②1人あたりの業務が多い

調剤薬局の薬剤師は、1人あたりの業務が多いことに不満を抱いていることも多いです。
これは人手不足の調剤薬局にとっては致し方ないことかもしれませんが、1人あたりの業務が多いまま経営を続けていると、退職によってさらに人手不足になってしまう可能性が高くなります。
したがって、オーナーが行う業務を少し増やすなどして、薬剤師1人1人の負担を軽減することが重要です。

調剤薬局の薬剤師が不満に思うこと③人間関係

調剤薬局の薬剤師は、人間関係に不満を抱くことも多いです。
基本的に、常に同じ空間で複数の薬剤師が仕事をする調剤薬局において、良好な人間関係の構築は必要不可欠だと言えます。
したがってオーナーは、薬剤師各々が意見を言い合える環境を整えたり、定期的に薬剤師同士が交流する場を設けたりといった工夫をする必要があります。

調剤薬局の薬剤師が不満に思うこと④有給休暇が取りにくい

人手不足の調剤薬局では、どうしても薬剤師が有給休暇を取れない状況が生まれてしまいます。
ただこの状況を改善せず、不満に思った薬剤師の退職が続くと、調剤薬局は一気に窮地に立たされることになります。
有給休暇の取得は、薬剤師に与えられた権利です。
つまりどれだけ人手不足であっても、必ず取らせないといけないものだということを、オーナーは強く認識しておきましょう。

まとめ

調剤薬局で働く薬剤師の多くは、今回解説したいずれかの不満を持っている可能性が非常に高いです。
したがってオーナーは、各薬剤師がどのような不満を持っているのかを確認するために、まず意見交換をする場を設けるところから始めましょう。
またそこで上がった不満に対して、どのように対処するのかを明確にし、薬剤師に周知することができれば、人手不足は防げる可能性が高いです。