調剤薬局のオーナーの中には、事業承継をせず、自分の代で調剤薬局を閉局させようと考えている方もいるかと思います。
ただ閉局という選択よりも、事業承継をする方が圧倒的におすすめです。
なぜかと言うと、事業承継をすることによって、調剤薬局にとってのプラス材料が多く生まれるためです。

調剤薬局を閉局させるより、事業承継した方がいい理由①調剤薬局自体を残せる

調剤薬局を閉局させてしまうと、当然ながら調剤薬局の存在自体がなくなってしまいます。
また調剤薬局がなくなってしまうということは、これまでオーナーが積み上げた取引先や従業員との関係性もなくなってしまうということになります。
つまり調剤薬局の閉局は、調剤薬局だけでなく、調剤薬局にまつわるものすべてを失ってしまうことになるということです。
一方、事業承継を行えば、オーナー自身は第一線から退くことになるものの、調剤薬局や調剤薬局における取引先、従業員との関係は残すことができます。

調剤薬局を閉局させるより、事業承継した方がいい理由②経営が上向く可能性がある

調剤薬局のオーナーの中には、経営不振を理由に閉局を考える方も多くいます。
ただ閉局せず、新しいオーナー(後継者)に調剤薬局を任せることによって、前オーナーにはなかった新たなアイディアなどが生まれ、経営が上向く可能性があります。
特に競合する調剤薬局が多いエリアでは、少しのアイディアが多くの集患に繋がることも考えられます。
したがって、経営不振のまま調剤薬局を畳んでしまう前に、事業承継によって立て直しを図ろうとすることは重要だと言えます。

調剤薬局を閉局させるより、事業承継した方がいい理由③負債を負担しなくて済む

負債を抱えている調剤薬局を閉局する場合、資産を売却してそれらの返済に充てる必要があります。
ただこの負債額が大きい場合、閉局後には資産がマイナスになっていることも考えられます。
一方、たとえ負債を抱えている場合でも、事業承継によって後継者、またはM&Aの買い手にすべての資産を譲渡すれば、オーナー自身は負債を返済しなくて済みます。
子どもなどの後継者に負担をかけるのは気が引けるかもしれませんが、譲渡先がM&Aの買い手企業であれば、遠慮せずに譲渡できるでしょう。

まとめ

調剤薬局を閉局させるより、事業承継をする方がおすすめの理由について解説しましたが、いかがだったでしょうか?
理由はどうであれ、閉局という選択をしてしまうと、調剤薬局における新しい道は完全に閉ざされてしまいます。
したがって、何らかの形で事業承継をして、調剤薬局ひいてはオーナー自身における新しい道を残しておくということが大切です。