調剤薬局のオーナーが、スムーズかつ条件の良いM&Aを実現するためには、M&Aにおける“NG行動”について把握しておきましょう。
今回解説するような行動を取ってしまうと、良い条件で調剤薬局を譲渡できないだけでなく、なかなかM&Aが成立しないことにも繋がりかねません。

調剤薬局のM&AでオーナーがしてはいけないNG行動①情緒的な理由で買い手を選ぶ

調剤薬局のオーナーの中には、“これまでお世話になっているから”といったような情緒的な理由で、取引先企業などを買い手に選んでしまう方がいますが、これはNG行動です。
買い手を選ぶ上で重要なのは、相乗効果が期待できる企業かどうか、良い財務状況を維持している企業かどうか、または調剤薬局側の意見を汲み取ってくれる企業かどうか、といった点です。
調剤薬局と買い手企業の関係性が良いことも、M&Aにおいて重要なポイントではありますが、情緒的ではなくあくまで合理的な考えを持って、買い手企業を選ぶことを心掛けましょう。

調剤薬局のM&AでオーナーがしてはいけないNG行動②折衷案を出さない

買い手との話し合いの際、折衷案を出さず、自身の意見ばかりを押し通そうとするのも、調剤薬局のM&AにおけるNG行動です。
譲渡価格、または譲渡した後のプランなど、譲れない部分はいくつかあるとは思いますが、M&Aにおいては、基本的に自身の意見がすべて通ることはないと考えておきましょう。
お互いの条件をすり合わせ、できるだけ双方の意見が反映された契約内容にすることができれば、スムーズかつ良い条件のM&Aに繋がりやすくなります。

調剤薬局のM&AでオーナーがしてはいけないNG行動③買い手の言うことを鵜呑みにしてしまう

買い手の言うことを鵜呑みにしてしまうというのも、調剤薬局のM&AにおけるNG行動です。
これは、とにかく早くM&Aを成立させたいと考える調剤薬局のオーナーにありがちな行動です。
例えば、買い手企業から提示された譲渡価格が、大きくオーナーの希望価格を下回っているような場合、鵜呑みにせずに必ず意見しましょう。
先ほど、自身の意見を押しつけるのは良くないという話をしましたが、意見を伝えすぎないのも良くありません。

まとめ

調剤薬局のM&Aにおける、オーナーのNG行動について解説しました。
M&Aを行う調剤薬局の多くは、後継者がいなかったり、資金繰りが苦しくなったりしているため、できるだけ高い価格、短い期間での譲渡を成功させたいと考えます。
ただそのような焦りが、かえってスムーズかつ良い条件のM&Aを遠ざけてしまうことになります。
したがってM&Aは、とにかく“成立させること”に重点を置かなければいけないのです。