人手不足などの理由で、早急に新しい人材を採り入れたいと考える調剤薬局は少なくありません。
ただそのような調剤薬局は、得てして日々の業務をこなすのに精一杯で、なかなか採用活動に割く時間がないものです。
したがって今回は、採用活動をする時間がない調剤薬局がすべきことについて解説します。

採用活動がする時間がない調剤薬局は採用活動の体制を変えよう

調剤薬局の中には、オーナーが採用活動を一点に担い、求人広告の作成や掲載手続き、面接希望者からの電話応対などを行っているところもあります。
ただこのような採用活動の体制では、オーナー以外の従業員をうまく活用することができず、とても効率が悪いです。
したがって、オーナーが採用活動を一点に担っているという場合は、まず信頼できる従業員を選定し、採用活動を分担するようにしましょう。
例えば、求人広告の作成や掲載手続きなどはオーナーが行い、電話応対のみを従業員が行うという体制に変えるだけでも、採用活動における効率性は改善されます。
またもっと採用活動の効率性を上げたいのであれば、調剤薬局におけるすべての従業員が、面接希望者からの電話応対を行えるように、採用したい人材像を明確にしておく必要があります。

明確にすべき“採用したい人材像”とは?

調剤薬局のオーナーが、採用したい人材像を明確にしておけば、調剤薬局におけるどの従業員が電話応対をした場合でも、すぐ面接に来てもらうか、来てもらわないかを判断することができます。
具体的には、以下の項目を明確にしておきましょう。

・勤務形態(パート、常勤)
・希望年収
・土日出勤の可否
・資格の有無 など

例えば、ある調剤薬局が採用したい人材像が以下のようなものであるとします。

・常勤、希望年収500万円まで、土日出勤可能、調剤事務実務士の資格あり

この場合、従業員が面接希望者からの電話応対において、勤務形態、希望年収、土日出勤の可否、資格の有無について質問し、上記の条件をすべて満たしている場合のみ、そこからオーナーに引き継いで、面接に持っていくという流れが理想的です。

まとめ

採用活動をする時間がない調剤薬局がすべきことについて解説しました。
ではここで、本日解説したポイントをまとめます。
採用活動をする時間がない調剤薬局は、まず採用活動における負担がオーナーに集中していないかを確認します。
もし集中している場合は役割分担をし、すべての従業員が面接希望者からの電話応対を行えるような体制を整えましょう。
もちろん従業員には、オーナーが求める人材像を正確に伝えておく必要があります。