調剤薬局がM&Aを成立させるにあたって、力のあるコンサルタントや仲介業者の手を借りることは重要です。
ただいくつかの特徴を持っている調剤薬局は、コンサルタント、仲介業者の腕に関わらず、M&Aを成立させる可能性が極めて高いです。
ではM&Aを成立させやすい調剤薬局には、一体どんな特徴があるのでしょうか?

M&Aを成立させる可能性が高い調剤薬局の特徴①譲渡希望額が仲介業者の査定額と乖離していない

譲渡希望額が仲介業者の査定額と乖離していない調剤薬局は、M&Aを成立させる可能性が高いと言えます。
自局の分析がしっかりできている調剤薬局は、譲渡希望額が自ずと仲介業者の査定額に近い金額になるためです。
逆に仲介業者の査定額と、調剤薬局の譲渡希望額があまりにも違う場合、条件を整理するのに苦労し、なかなか買い手が見つからなくなる可能性があります。

M&Aを成立させる可能性が高い調剤薬局の特徴②買い手にNGがない

買い手にNGがない調剤薬局も、M&Aを成立させる可能性が極めて高いと言えます。
つまり、買い手がどんな企業であっても、とりあえず買い取ってもらうことを第一に考えている調剤薬局が、M&Aを成立させやすいということです。
逆に“こんな企業は嫌だ”とコンサルタントや仲介業者に伝えすぎると、いくら腕のある担当者や業者であっても、なかなかスムーズにM&Aを進められないでしょう。

M&Aを成立させる可能性が高い調剤薬局の特徴③オーナー1人でM&Aの決断ができる

オーナー1人でM&Aの決断ができる調剤薬局も、M&Aを成立させやすいでしょう。
これはつまり、調剤薬局における従業員や株主、その他の関係者の意見がすでにまとまっており、あとはオーナーがM&Aを進めていく状況になっているということを指します。
関係者の意見がまとまっていない場合、オーナーが1人でM&Aを進めようにも、所々でトラブルが発生する可能性があります。

M&Aを成立させる可能性が高い調剤薬局の特徴④M&Aの理由が明確

M&Aに踏み切る理由が明確である調剤薬局も、M&Aを成立させる可能性は高いです。
当然のことですが、漠然とM&Aを行おうと思っても、コンサルタントや仲介業者は迅速に動いてくれません。
またM&Aに踏み切る理由とともに、自局を買い取ってもらうことで買い手企業に生まれる効果も明確にできていれば、申し分ありません。

まとめ

M&Aを成立させる可能性が高い調剤薬局は、上記のような特徴を持っていることが多いです。
ただ冒頭で、このような調剤薬局は、“コンサルタントや仲介業者の腕に関わらずM&Aを成立させやすい”という話をしましたが、決して“力のあるコンサルタント、仲介業者に依頼する必要がない”ということではありませんので、その点は誤解しないようにしましょう。