調剤薬局のM&Aを検討しているオーナーは、少なからず経営における悩みを抱えています。
では具体的に、調剤薬局のオーナーが抱える経営における悩みには、どんなことが挙げられるのでしょうか?
これから調剤薬局の経営を始める方、もしくは調剤薬局を承継する方は、ぜひ参考にしてください。

調剤薬局のオーナーが抱える経営における悩み①収益が減少している

調剤薬局のオーナーの中には、調剤薬局における収益が減少していることが大きな悩みとなっている方が多くいます。
調剤薬局における収益減少には、調剤報酬の減額や医療費の削減、消費税の増税やジェネリックによる在庫圧迫など、さまざまな要因が絡んでいます。
したがって、収益が減少していることに焦りを感じていても、オーナーの多くはこの現状からなかなか抜け出せずにいます。

調剤薬局のオーナーが抱える経営における悩み②ライバルが多い

調剤薬局のオーナーの中には、ライバルが多いことが悩みだという方も多いです。
調剤薬局には、ドラッグストアやスーパー、コンビニなど数多くのライバルが存在します。
これらのライバルが、近隣のエリアに出店することによって、調剤薬局が多大な経済的ダメージを被るというケースも少なくありません。
またこれらのライバルは、調剤事業以外にもさまざまな事業を展開しているため、調剤薬局はそれに対抗するための工夫をしなければなりません。
工夫をしなければ、今後どんどん調剤薬局における収益は目減りしていくことが予想されます。

調剤薬局のオーナーが抱える経営における悩み③薬剤師、後継者がいない

調剤薬局のオーナーの中には、薬剤師や後継者がいないことが悩みだという方が多く存在します。
薬剤師不足の主な原因には、少子化や薬学部の6年制への移行だけでなく、国家資格の合格率が下がっていることも挙げられます。
また大手企業が薬剤師を積極的に雇用していることにより、給与が高騰しているため、中小の調剤薬局は、雇用の面で不利な状況となっているのが現状です。
そして少子化や国家資格の合格率低下は、後継者が不足していることの原因ともなっています。

まとめ

調剤薬局のオーナーが抱える経営における悩みについて解説しました。
上記のような悩みを抱え、一向に改善できないという場合、多くのオーナーはM&Aに踏み切ります。
したがって、これから調剤薬局の経営に携わる方は、これらの悩みがあることを知り、M&Aという解決策があることも把握しておきましょう。
適切な買い手企業を選ぶことで、これらの調剤薬局の経営における悩みはある程度解決できます。