調剤薬局のM&Aを考えるきっかけの代表的なものとしては、後継者不足や経営不振などが挙げられます。
ただそれ以外にも、さまざまなきっかけで調剤薬局のM&Aを考えるオーナーは存在します。
今回は、後継者不足や経営不振以外に、調剤薬局のオーナーがどんなきっかけでM&Aを考えるのかについて解説します。

オーナーが調剤薬局のM&Aを考えるきっかけ①人繰りのために1店舗だけ譲渡したい

調剤薬局のオーナーの中には、複数の調剤薬局を経営するオーナーもいます。
そんなオーナーが、各薬局の経営を回すための従業員を十分に確保できなくなったことをきっかけに、M&Aを考えるというケースがあります。
1店舗でも譲渡できれば、オーナーは従業員を確保しやすくなりますし、M&Aをすることで譲渡代金を得られるため、その資金を従業員確保のために利用することもできます。

オーナーが調剤薬局のM&Aを考えるきっかけ②遠隔地にある薬局を譲渡したい

自身の住むエリアから離れた場所で、調剤薬局を経営しているオーナーもいます。
ただ調剤薬局が遠隔地にある場合、たとえ経営不振に陥ってなくとも、経営の負担を感じやすくなります。
そのような経営体制に限界を感じたことをきっかけに、M&Aを考えるというケースもあります。
M&Aによる譲渡資金が手に入れば、在住エリアの近くで新たに調剤薬局を経営したり、別の事業をスタートさせたりと、オーナーの選択肢を広げることができます。

オーナーが調剤薬局のM&Aを考えるきっかけ③不採算店を整理したい

先ほども触れたように、調剤薬局のオーナーの中には、複数の調剤薬局を経営する方もいます。
また複数の調剤薬局を経営していれば、採算が取れない店舗が出てきてもおかしくはありません。
調剤薬局のオーナーの中には、このような不採算店を整理し、全体の経営体制を立て直そうとすることをきっかけに、M&Aを検討する方も一定数存在します。
その不採算店があることで全体の利益に大きな影響を与えている場合、この選択は致しかねません。
また譲渡はせず、不採算店の経営のみを第三者に代行してもらうことで、全体の経営状況を改善させようと考えるオーナーもいます。

まとめ

調剤薬局のオーナーがM&Aを考えるきっかけについて解説しました。
調剤薬局のM&Aと言えば、後継者不足や経営不振の解決策というイメージがありますが、それ以外にもさまざまなきっかけでM&Aが検討されています。
したがって調剤薬局のオーナーは、さまざまな場面でM&Aが解決策となってくれることを理解し、実施するべき場面がやってきた場合は、1度冷静になって検討してみましょう。