調剤薬局のM&Aを行う際は、専門業者もしくはM&A仲介事業を事業の1つとする業者に依頼しますが、調剤薬局のM&Aを検討しているというオーナーは、ぜひ専門業者に依頼しましょう。
専門業者に調剤薬局のM&Aを依頼することで、オーナーにはさまざまな利点が生まれるためです。
具体的に解説します。

調剤薬局のM&Aを専門業者に依頼する利点①成功率がアップする

調剤薬局のM&Aを専門業者に依頼すれば、専門ではない業者に依頼するよりも成功率がアップします。
M&Aの交渉というのは非常にシビアなものであり、一歩間違えればすぐに破談してしまいます。
またM&Aが長引けば長引くほど、調剤薬局は多くの費用を負担しなければいけなくなります。
決して100%ではありませんが、専門業者の方がスピーディにM&Aの成功に導いてくれるでしょう。

調剤薬局のM&Aを専門業者に依頼する利点②他の調剤薬局に先を越されにくくなる

先ほども解説したように、専門業者はスピーディにM&Aの成功に導いてくれる可能性が高いです。
したがって、モタモタしている間に、買い手候補の企業が他の調剤薬局を買収してしまうという状況には陥りにくいです。
また他の専門業者の情報をキャッチすることもできるというところも、M&Aの専門業者の大きな魅力と言えるでしょう。

調剤薬局のM&Aを専門業者に依頼する利点③信頼性の高い買い手が見つかる

M&Aの専門業者は、専門ではない業者に比べて、買い手企業の情報が圧倒的に多いです。
したがって、数多くの買い手企業の中から、信頼性の高い企業を紹介してもらえる可能性が高いでしょう。
逆に専門ではない業者の場合、買い手企業の情報を豊富に持っているわけではないので、怪しい企業が買い手企業となってしまう可能性も少なくありません。

買い手企業も依頼すべきM&Aの専門業者

M&Aを行うのであれば、調剤薬局だけでなく買い手企業も専門業者に依頼するべきです。
専門業者に依頼すれば、買収しようとする調剤薬局の本来の価値が明確になるため、買い手企業側のM&A成功率もアップすることが予想されます。
もし買収しようとする調剤薬局の価値が予想より低いと判断された場合、すぐに次の候補を探し始めることもできます。

まとめ

調剤薬局のM&Aを専門業者に依頼する場合、専門ではない業者に依頼する場合の違いについて解説しました。
専門業者の依頼に上記のような利点があることを考えると、専門業者に依頼しない手はないと言えます。
専門ではない業者の方が依頼料は安くなるケースは多いですが、依頼料が安くてもM&Aがなかなか成功しなければ意味がないので、依頼料で仲介業者を選ぶのはNGです。