人手不足に苦しんでいる調剤薬局は、たとえ経営状況が良かったとしても、オーナーや薬剤師にかかる負担が大きくなってしまいます。
ただ福利厚生を充実させることができれば、魅力を感じた薬剤師が調剤薬局に集まり、人手不足の解消に繋がります。
では具体的に、どんな福利厚生を充実させればいいのでしょうか?

調剤薬局が充実させたい福利厚生①育児や介護のサポート制度

福利厚生として、育児や介護のサポート制度を充実させれば、調剤薬局の人手不足解消に繋がることが予想されます。
育児や介護のサポート制度には、産前・産後休暇や育児休暇、育児短時間勤務、看護休暇などが挙げられます。
調剤薬局では、女性の薬剤師が活躍することも多いため、育児や介護のサポート制度を充実させるのは非常に効果的です。
また、現在勤務している女性薬剤師に魅力的な福利厚生だと感じてもらうことで、調剤薬局の薬剤師離れのリスクが軽減されます。

調剤薬局が充実させたい福利厚生②薬品関係の優遇制度

福利厚生として薬品関係の優遇制度を充実させることも、調剤薬局の人手不足解消に繋がるでしょう。
例えば、調剤薬局における薬剤師の処方箋を調剤した場合、本人負担額の一部または全部を調剤薬局から支給する制度などを導入できれば、薬剤師にとってとても魅力的な福利厚生となります。
またそこまで福利厚生を充実させることができなくても、調剤薬局の従業員が割安な価格で薬品を購入できる制度の導入などは検討するべきです。

調剤薬局が充実させたい福利厚生③調剤薬局主催のイベント

福利厚生として、調剤薬局主催のイベントを開催すれば、魅力に感じた薬剤師が集まる可能性は高くなります。
例えば新たに勤務し始めた薬剤師の歓迎会を行ったり、毎年恒例の新年会や忘年会を主催したりすることで、薬剤師の満足度アップと職場環境の整備に繋がります。
ただ重要なのは、福利厚生としてイベントを開催する場合、調剤薬局が強制参加を義務付けないことです。
あくまで参加したいときに参加できるという形でイベントを提供すれば、より魅力的に感じてくれる薬剤師は多くなるでしょう。

まとめ

福利厚生を充実させることで、調剤薬局の人手不足を解消できる仕組みについて理解していただけたでしょうか?
いくら給与や労働時間などの待遇を良くしても、なかなか薬剤師が集まらないという調剤薬局は、1度福利厚生について見直してみましょう。
薬剤師の中には、給与や労働時間よりも福利厚生を重視しているという方もいるため、見直せばきっと良い結果をもたらしてくれることでしょう。