オーナーの身体の調子が思わしくなかったり、経営状況が苦しくなったりすると、調剤薬局はM&Aを検討します。
ただ調剤薬局の譲渡には、企業に譲渡する方法だけでなく、これから調剤薬局を開業したいと考える個人に譲渡する方法もあります。
このような方法を選択する場合には、一体どんな利点と欠点があるのでしょうか?

調剤薬局を個人に譲渡して経営してもらう利点は?

企業ではなく、調剤薬局を個人に譲渡して経営してもらう利点は以下の通りです。

• オーナーの意思が伝わりやすい
調剤薬局を個人に譲渡する場合、譲渡に関する話し合いは調剤薬局のオーナーと、これから調剤薬局を開業したいと考える個人との間で行われることになります。
したがって、企業における代表者や担当者など複数人を相手にする場合と比べると、オーナーの意思は伝わりやすくなります。

• 1つの調剤薬局経営に全力を注いでくれる
調剤薬局を企業に譲渡する場合、企業はその譲渡された調剤薬局を含めた複数の調剤薬局を経営するケースがほとんどです。
一方個人に譲渡する場合、譲渡された個人が経営するのは、基本的にその調剤薬局のみとなります。
したがって、1つの調剤薬局を経営することに全力を注いでくれることが予想されます。

• 譲渡後も経営状況が悪くならない可能性がある
地域密着型の調剤薬局を経営していたオーナーが個人に調剤薬局を譲渡する場合、その調剤薬局はすでに周辺住民に認識されているため、譲渡後に経営状況が悪化する可能性は低いです。

調剤薬局を個人に譲渡して経営してもらう欠点について

調剤薬局を個人に譲渡して経営してもらう場合には、以下の欠点があるので注意しましょう。

• すぐに閉業してしまう可能性がある
調剤薬局を譲渡される個人に家族や親戚がいない場合、身体を壊したり事故に遭ったりすることで、譲渡後すぐに閉業してしまう可能性があります。

• 譲渡契約がまとまりにくい場合がある
調剤薬局を譲渡される個人が、譲渡に関する知識をあまり有していない場合、調剤薬局のオーナーとこれから開業をしたい個人との間で、譲渡金額などの考えにおいて大きな差が出てしまう可能性があります。

まとめ

調剤薬局のオーナーに向けて、これから開業をしたい個人への譲渡という選択肢について解説しました。
企業への譲渡しか選択肢がないと考えていた方は、ぜひ1度個人への譲渡を検討してみてください。
うまく行けば、企業への譲渡よりスムーズな譲渡が実現できるかもしれません。
ただもし実践する場合は、今回解説した利点と欠点を十分理解した上で行いましょう。