経営がうまくいかない調剤薬局は、薬剤師への指導もうまくいっていないことが考えられます。
調剤薬局のオーナーは、薬剤師をうまく指導できるオーナーの特徴を知り、それにならって指導を行うことを心掛けましょう。
今回は具体的に特徴を解説しますので、ぜひ参考にどうぞ。

調剤薬局でうまく薬剤師を指導できるオーナーの特徴①仕事をうまく与えることができる

うまく薬剤師を指導できるオーナーの特徴として、まずは“仕事をうまく与えることができる”ということが挙げられます。
仕事を与えるのがうまいオーナーは、仕事を与えるときの動機付けもしっかりできていることが考えられ、それと並行して薬剤師の評価もできていると言えるでしょう。
また薬剤師にうまく仕事を与えることができれば、薬剤師側の“オーナーに仕事を管理されている”という気持ちが薄れ、与えられた業務をこなしやすくなります。
ある程度薬剤師に権限を持たせ、任せられる業務があればなお良いでしょう。

調剤薬局でうまく薬剤師を指導できるオーナーの特徴②常に自分に責任があると考える

うまく薬剤師を指導できるオーナーには、“常に自分に責任があると考える”という特徴もあります。
つまり、薬剤師が与えた仕事をこなせなくても、薬剤師に責任があるとは考えないということです。
指導の仕方に問題がある、もしくは仕事をこなせる環境が整えられていないと考えることで、オーナーの指導技術は徐々に洗練されたものになっていきます。
また薬剤師に仕事に対する意欲があったとしても、実力がなければその意欲は長続きしません。
オーナーに責任があると考えることで、あまり実力がない薬剤師のサポートをすることにも繋がります。

調剤薬局でうまく薬剤師を指導できるオーナーの特徴③雰囲気づくりを重視する

“雰囲気づくりを重視する”というのも、調剤薬局においてうまく薬剤師を指導できるオーナーの特徴です。
つまり薬剤師の指導方法を考える前に、まずは薬剤師が仕事に集中できる職場の雰囲気づくりについて考えるオーナーは、薬剤師をうまく指導できるということです。
また単純に雰囲気づくりをするだけでなく、失敗をした薬剤師に対してすぐに出番を与えることで、モチベーションを低下させないような工夫もしています。

まとめ

調剤薬局において、うまく薬剤師を指導できるオーナーの特徴について解説しました。
すべての調剤薬局に当てはまることではありませんが、薬剤師不足が経営不振に繋がっている場合、長期間勤務できる薬剤師を確保するために、指導方法を改めるというのも1つの手段です。
また経営が好調の調剤薬局でも、指導方法を改めて整理することは重要でしょう。