調剤薬局の経営戦略の1つとして、アンケートの導入が挙げられます。
では調剤薬局がアンケートを実践することには、どのような利点があるのでしょうか?
今回解説するアンケート導入の利点を知れば、M&Aも視野に入れている調剤薬局であっても、経営を立て直すためのヒントを得られるかもしれません。

調剤薬局がアンケートを導入することによる利点①患者の嗜好がわかる

調剤薬局がアンケートを導入することによって、患者の嗜好がわかるという利点が生まれます。
アンケートにおいて、“どのサービスが良いと思いましたか?”というような項目を含めることで、調剤薬局のどんなサービスが患者に評価されているのかがわかります。
例えば調剤薬局で販売されている健康食品などが好評なのであれば、規模を拡充することで効果的な経営戦略になります。

調剤薬局がアンケートを導入することによる利点②満足度アップのヒントを得られる

調剤薬局がアンケートを導入すれば、患者における満足度アップのヒントを得ることができます。
アンケートに“要望はありますか?”という項目を含めることで、どんなところを改善すればいいのか、患者はどんなサービスを求めているのかを理解できます。

調剤薬局がアンケートを導入することによる利点③データによって傾向を分析できる

調剤薬局がアンケートを導入すれば、膨大なデータによって患者の傾向を分析できます。
例えば“○○(サービス)をもっと充実させてほしい”という声もあれば、同じサービスについて“○○はいらない”という声もあるでしょう。
このような場合、両方の声に応えることはできないので、アンケートのデータに基づき、どちらの意見が多いのかを分析します。
そしてより多い意見を取り入れることで、より大勢の患者の理想に近い調剤薬局になります。

調剤薬局がアンケートを導入することによる利点④効果的な広告媒体を理解できる

調剤薬局がアンケートを導入すれば、効果的な広告媒体がどんなものなのかが理解できます。
アンケートに“当薬局を何で知りましたか?”という項目を含めれば、患者がどの広告媒体を多く使用しているのかがわかります。
効果的な広告媒体が分かれば、その媒体における広告活動に力を入れることができます。

まとめ

調剤薬局がアンケートを導入することによる利点について解説しました。
アンケートで患者の声を集めることによって、経営を立て直すためのさまざまなヒントを得ることができます。
患者のためを思って力を入れているサービスが、実はあまり需要のないサービスだったということは十分考えられるため、導入していない調剤薬局はぜひ導入を検討しましょう。