経営がうまくいかない調剤薬局の中には、求人がうまくいかず、必要な人材が確保できないというところもあると思います。
そんな調剤薬局は、1度現在出している求人情報の内容を見直してみましょう。
求人情報の内容が改善されれば、人材が確保でき、経営状況を立て直すことに繋がるかもしれません。

調剤薬局が行うべき求人情報の内容の見直し①雇用条件に問題はないか

まずは現在出している求人情報おいて、雇用条件に問題がないかどうかを見直しましょう。
雇用条件は、求人情報において薬剤師がもっとも重要視するポイントです。
例えば調剤薬局が以下に該当する場合は、必ず雇用条件に記載し、強みをアピールして人材の確保に繋げましょう。

・年間休日が120以上
・土・日曜日が休業日
・残業時間月10時間以外
・産休や育成制度あり など

調剤薬局が行うべき求人情報の内容の見直し②環境の良さは記載されているか

調剤薬局が求人情報を見直す場合、環境の良さが記載されているかどうかをチェックすることも重要です。
例えば“離職率が低い”という記載をすれば、それだけ労働環境に不満を持つ方が少ないことをアピールできるため、人材が集まりやすくなります。
また“アクセス環境が良い”という記載をすることも、勤務先の選択肢を広げたい薬剤師に向けての大きなアピールとなります。
特に都心部にある調剤薬局では電車通勤が多くなるため、薬剤師の多くがアクセス環境に注目する傾向にあります。

調剤薬局が行うべき求人情報の内容の見直し③調剤薬局としての取り組みは記載されているか

調剤薬局としての取り組みとは、調剤薬局が成長するために行う戦略や、調剤薬局の利便性向上のための設備の導入などのことを言います。
このような取り組みを求人情報に記載するのは、とても重要なことです。
なぜかと言うと、このような取り組みを行っている企業は将来性が高く、今後も安定して勤務できる職場としてのアピールができるためです。
つまり経営状況が苦しいからといって、何も取り組みを行っていない調剤薬局は、どんどん薬剤師にとって魅力的な職場ではなくなってしまうということです。

まとめ

経営がうまくいかない調剤薬局に向けて、求人情報の内容の見直しについて解説しました。
薬剤師にアピールできる強みがあるにも関わらず、それを求人情報でうまく伝えていないというのは非常にもったいないことです。
経営がうまくいかない調剤薬局では、M&Aという選択肢も頭をよぎるかもしれませんが、まずは調剤薬局としてできる限りのことをするべきでしょう。
その第一歩が、求人情報の見直しです。