経営状況が苦しく、M&Aも視野に入れている調剤薬局のオーナーは、経営状況を立て直すための戦略として“クレジット決済”の導入を検討しましょう。
調剤薬局がクレジット決済を導入することでさまざまな利点が生まれ、苦しかった経営状況は改善されるかもしれません。

調剤薬局がクレジット決済を導入することによる利点①差別化を図ることができる

調剤薬局がクレジット決済を導入することによって、他の調剤薬局との差別化を図ることができるという利点が生まれます。
薬の品揃えを豊富にする、サービスの質を上げるなどの方法と合わせてクレジット決済を導入することで、より効果的な差別化となり集客アップが見込めます。
調剤薬局におけるクレジット決済は、公共料金などをすべてクレジットカードで支払っている方などに需要があるため、導入することで顧客満足度をアップさせられる可能性もあります。
またクレジット決済が利用できるというだけで、ライバルの調剤薬局との競争に勝てる可能性もあります。

調剤薬局がクレジット決済を導入することによる利点②支払いの時間を短縮できる

調剤薬局がクレジット決済を導入することによって、料金支払いの時間が短縮できるという利点も生まれます。
現金での支払いのみに対応している調剤薬局は、どうしても紙幣や硬貨の受け渡しに時間がかかってしまいます。
支払いで時間がかかってしまうと、多くの患者に“不便な調剤薬局”という印象を与えかねません。
クレジット決済を導入すれば、カードを通すだけで支払いが完了するため、顧客満足度を上昇させたり、調剤薬局における回転を早めたりすることができます。

調剤薬局がクレジット決済を導入することによる利点③調剤薬局の負担が減る

調剤薬局がクレジット決済を導入すれば、調剤薬局の負担を減らすことにも繋がります。
調剤薬局では、閉店後に必ずレジの中にある現金の確認作業が行われています。
クレジット決済を導入し、レジの中の現金を減らすことができれば、必然的に現金の確認作業にかかる時間は短くなります。
患者にとっての利点だけでなく、調剤薬局にとっての利点があるのもクレジット決済の大きな魅力です。

まとめ

経営状況を立て直すための戦略として、調剤薬局は1度クレジット決済の導入を検討するべきです。
ただクレジット決済の導入にいくら利点があるとは言え、導入コストや決済から入金されるまでの時間などは考慮して導入するようにしましょう。
コストがかかりすぎたり、導入するタイミングを間違えたりすると、それが原因でかえって経営状況が圧迫されるかもしれません。