調剤薬局のオーナーは、親族や従業員、第三者の中から後継者となる人物を選定し、育成をスタートさせます。
また後継者を選定する前に、調剤薬局の後継者には向いていない人物の特徴を押さえていれば、事業承継に失敗する可能性は低くなります。
調剤薬局の後継者に向いていない人物には、一体どんな特徴があるのでしょうか?

調剤薬局の後継者に向いていない人物の特徴①責任感がない

責任感がない人物は、調剤薬局の後継者に向いていないと言えます。
調剤薬局を経営するには、経営者としての責任だけでなく、“患者の命を預かる職業”としての責任感も必要になります。
したがって責任感がない人物が調剤薬局の経営者になってしまうと、患者の命を預かる職業としての責任感がない従業員が育ってしまう危険性があります。
調剤薬局が処方する薬を間違えたことによって、患者が死亡するという重大な医療事故が発生したケースもあるので、調剤薬局のオーナーは必ず後継者に責任感を芽生えさせなければいけません。

調剤薬局の後継者に向いていない人物の特徴②探究心がない

探究心がない人物も、調剤薬局の後継者には向いていないでしょう。
調剤薬局の経営者になったからと言って、そこを“ゴール”と考えているような人物は、今後その調剤薬局に良い効果をもたらしにくいと言えます。
経営者になってからがスタートだと考え、そこから従業員の育成や調剤薬局の売上アップに繋がる戦略の実践ができる人物でないと、立ち行かなくなるのは目に見えています。
調剤薬局のオーナーは後継者を育成する際、経営者になってからが本当のスタートだということを認識させなくてはいけません。

調剤薬局の後継者に向いていない人物の特徴③コミュニケーション能力がない

コミュニケーション能力がない人物も、調剤薬局の後継者には向いていないと言えます。
調剤薬局は薬を処方するだけでなく、患者とのコミュニケーションも大事にすることで売上アップに繋げることができます。
ましてや経営者は患者だけでなく、従業員や取引先などさまざまな人物とコミュニケーションを取らなければいけないので、コミュニケーション能力がないと適切な経営はできません。

まとめ

調剤薬局の後継者に向いていない人物について解説しました。
調剤薬局のオーナーは、自ら選定した後継者における上記の能力が乏しいと感じた場合、徹底的に指導するか、後継者の変更を検討すべきでしょう。
事業承継後、すぐに調剤薬局が立ち行かなくなってしまうと、長い期間をかけて行った育成が水の泡になってしまいます。