現在、個人経営の中小規模の調剤薬局では、後継者がいないと閉店してしまうことが増えています。
調剤薬局の後継者不足は、なぜ起こったのでしょうか?
後継者不足がなぜ起こるのか、その原因が何なのかを考えて、調剤薬局は今後どうするべきかを考えてみましょう。

後継者不足はなぜ起こったのか?

それでは、調剤薬局の後継者不足はなぜ起こったのか、その原因について考えてみましょう。
調剤薬局の後継者となるのは、当然ながら薬剤師です。
中には薬剤師でなくても経営だけを行い、実務を従業員の薬剤師に任せている調剤薬局もありますが、やはり個人経営の調剤薬局は自ら実務を行っていることがほとんどです。
そのため、後継者となる人も薬剤師でなければいけないのですが、現在はその薬剤師が不足しているため後継者不足となっています。
薬剤師が不足している理由としては、薬学部が4年制から6年制に変更となったことがあります。
2年多く大学に通わなければならないということは、それだけ学費なども余分にかかることとなるので、薬学部へと通うのが難しくなるのです。
また、薬学部を卒業し、薬剤師としての資格を取ったとしても、すべての人が薬剤師として働くとは限りません。
どこかの企業に勤めたり、研究の道に進んだりする人もいるので、調剤薬局へと勤める人はそれほど多くないといわれているのです。
薬剤師として働くとしても、やはり人気があるのは大手の調剤薬局で、さらに最近ではドラッグストアでも調剤コーナーが設けられている店舗が増えたため、安定性のある職場として選ばれることが多いのです。
このような理由から、調剤薬局の後継者不足がなぜ起こっているのかがわかるでしょう。

後継者不足を解消するには?

それでは、調剤薬局の後継者不足がなぜ起こるのかがわかったところで、その解消方法について考えてみましょう。
なりふり構わずに人を募集するのであれば、給料を高くするなどの高待遇を提示するのが近道なのですが、無理をすると経営状態の悪化を招くことになるでしょう。
現在、調剤薬局では後継者不足の解消のため、M&Aを行うことが増えています。
後継者不足の解消になぜM&Aが行われるかというと、M&Aを行っているのはその多くが大手の企業だからです。
大手の企業などの傘下となることで安定性を求める人材も確保でき、経営権は手放すことになるものの自分の調剤薬局で働き続けることも可能です。
また、中には自分の薬局を持ちたいとM&Aによって調剤薬局を買い取る個人もいるので、その人が後継者となってくれる場合もあるでしょう。
後継者不足に悩む調剤薬局には、M&Aがおすすめです。

まとめ

大手チェーンの調剤薬局が増えてきた現在、中小の調剤薬局では後継者が不足していることが問題となっています。
後継者不足がなぜ起こっているかといえば、薬学部が6年制になったことなどが理由で薬剤師が不足しているからです。
個人経営の調剤薬局では、後継者不足から閉店を考えている場合はM&Aについても検討してみましょう。