近年は、大学の薬学部が体制を変更したこともあり、日本では薬剤師が不足しつつあります。
その結果、後継者不足で閉店を考える調剤薬局も増えているのですが、この現状を改善するにはどうしたらいいのでしょうか?
後継者不足の現状を改善するための方法を考えてみましょう。

後継者不足の現状を改善するには?

調剤薬局で後継者不足となっている現状を改善するには、どうしたらいいのでしょうか?
まず、なぜ後継者が不足しているかといえば、単に薬剤師が足りないという理由のほかに、事業を継承するような親族がいないことが大きな理由となっているでしょう。
また、大手の調剤薬局のほかに調剤薬局を併設したドラッグストアやスーパーなども増えたことで、安定した就職を目指す薬剤師がそちらに行ってしまったことなども原因といえます。
さらに、政策によって薬価差益が縮小されてしまい、診療報酬の削減など医療費削減も進められている現在、調剤薬局に不安を抱く人も多いでしょう。
薬学部も、以前は4年制だったのが現在は医学部と同じく6年制となったため、学費などの面で薬学部を諦める人も増えています。
後継者不足となっているのはこうした理由のため、改善する方法を考えていかなければいけません。

具体的な後継者不足の改善方法

それでは具体的に、どのようにして後継者不足を改善したらいいのでしょうか?
後継者不足を改善するためには薬剤師を確保する必要がありますが、大手の調剤薬局よりもいい条件で募集するというのは経営的に難しいでしょう。
そのため、最も確実な方法としては、M&Aを行うことです。
現在、調剤薬局の業界ではM&Aがブームとなっていて、閉店を考える多くの調剤薬局がM&Aを利用することで完全な閉店を免れ、創業者利潤も最大限残すことに成功しています。
現在従業員として薬剤師を雇っている場合も、引き続き雇用される場合が多くさらに雇用条件も改善されることが多いので、M&Aには多くのメリットがあります。
確かに経営権を譲り渡すことになりますが、調剤薬局自体は存続できるようになるので、患者も困ることはないでしょう。
条件によっては、そのまま働くこともできるため、まだ引退を考えていない場合はその条件も付けてM&Aの募集をしてみましょう。

まとめ

現在、調剤薬局では後継者不足が喫緊の問題となっていて、どうにか改善しようという動きがみられています。
しかし、後継者不足となった理由に国の施策が原因となっているものがあるため、そう簡単に改善はできないでしょう。
その際は、M&Aを募集することで調剤薬局自体の存続を考えてみてはどうでしょうか?
M&Aを行う場合は、仲介業者に依頼してみましょう。