調剤薬局が企業買収による経営再編を考えている場合、コンサルタント選びは成功に大きく関係します。
今回はそんな重要な企業買収コンサルタント選びにおいて、チェックすべきポイントを徹底解説します。
また企業買収コンサルタントと契約を結ぶ際、確認しておくべきポイントも併せて解説しましょう。

調剤薬局はこんな企業買収コンサルタントを選ぼう!①アドバイザー型

企業買収コンサルタントには、買い手と売り手の間でサポートをしてくれる“仲介型”と、買い手・売り手どちらかに依頼され、依頼者に有利な方法をサポートしてくれる“アドバイザー型”があります。
企業買収コンサルタント側から見れば、買い手企業との付き合いは長くなる事が予想されますが、売り手企業との付き合いは企業買収の終了と同時に終わる可能性が高いです。
従って中立的な立場でサポートをしてくれる仲介型よりも、どちらかと言うと売り手にとって有利になるようなサポートをしてくれる可能性が高い“アドバイザー型”を利用すべきでしょう。

調剤薬局はこんな企業買収コンサルタントを選ぼう!②営業力がある

企業買収は、どれくらいの規模の企業買収をするかによって、コンサルタントに必要なスキル・ノウハウが微妙に変わってきます。
なるべく、自分の調剤薬局の規模と同じような企業買収を成功させているコンサルタントを選ぶようにしましょう。
コンサルタントのこれまでの実績を確認すれば、すぐに分かると思います。
また企業買収コンサルタント選びにとって非常に重要なのは、“営業力”です。
いくら企業買収におけるノウハウが豊富なコンサルタントでも、営業力がなければ企業買収が長期化してしまいます。
専門性ももちろん大切ですが、様々なネットワークを駆使して営業をかけてくれる企業買収コンサルタントは、非常に心強い存在でしょう。

企業買収コンサルタントと契約する際に確認したいポイント

企業買収コンサルタントと一口に言っても、任さられる業務は企業によって様々です。
どれくらいの範囲までサポートしてくれるのかを確認しておき、またこちらがどれくらいのサポートをしてほしいのかをきちんと伝えておきましょう。
包括的にサポートしてくれる企業買収コンサルタントであれば、現状の把握や戦略の策定からサポートしてくれます。
また企業買収コンサルタントとの契約には、“専任契約”、“非専任契約”という2つの形態があります。
企業買収コンサルタントと専任契約を結ぶ場合、その1社のみにコンサルタント業務を依頼する事になります。
ただ専任契約には、上手く買い手企業が見つからず企業買収が進まなくても、他のコンサルタントに依頼出来ないという決まりがあります。
従って、効率的な企業買収を目指すのであれば、非専任契約を結ぶようにしましょう。