調剤薬局の多くは、経営が赤字になってしまうことが原因で閉業したり、M&Aを検討したりしています。
そもそも、調剤薬局が赤字になってしまうのにはどんな理由があるのでしょうか?
赤字経営に苦しんでいる調剤薬局のオーナーさんは、この記事を見て自分の薬局が該当していないかぜひ参考にしてみて下さい。

調剤薬局が赤字になってしまう理由①病院以外の固定客がいない

経営歴が長い調剤薬局は、その地域に密着して固定の顧客を獲得しているケースが多いです。
ただ固定客と言っても、「門前薬局」の場合は注意が必要です。
門前薬局とは、病院のすぐ近くに立地しており、処方箋を主な対象にしている調剤薬局のことを言います。
門前薬局は、メインに応需している病院の経営が安定しているからこそ成り立っています。
従って病院の経営が苦しくなってしまった場合、ダイレクトに影響が出てしまうのが門前薬局の辛い所です。
病院以外の固定客も獲得しない限り、安定した経営を行うのは難しいでしょう。

調剤薬局が赤字になってしまう理由②事業承継の失敗

オーナーさんが親族や従業員、募集した後継者候補に経営を譲るのが事業承継です。
ただ事業承継には膨大な時間が必要で、オーナーさんは自分が退く時期を逆算しながら、優秀な後継者を育成する必要があります。
オーナーさんが「早くリタイアしたい」ということばかり考えていると、事業承継は上手くいきません。
結果的に、オーナーさんが変わった途端業績が悪化してしまうという調剤薬局もあります。
調剤薬局における後継者不足は深刻で、オーナーさんも「いつリタイア出来るか分からない」という不安から事業承継を焦るケースも多いです。
しかし事業承継の1番の目的は、後継者にその調剤薬局の経営を継続してもらうことです。
事業承継後に赤字になってしまったという調剤薬局であれば、今一度後継者のスキルを見直す必要があるかもしれません。

調剤薬局が赤字になってしまう理由③時代の変化に対応出来ていない

調剤薬局業界は、これから法改正によって調剤報酬が削減されることが予測されています。
従って、コストの削減だけではどんどん調剤薬局の経営は下火になってしまいます。
前述した病院に頼ってしまっている門前薬局であれば、個人への対応も積極的に行うなど経営の幅を広げる意欲が必要でしょう。

まとめ

調剤薬局が赤字になっている原因を理解した上で、どうしても経営が厳しいという場合は、M&Aを検討することをおすすめします。
M&Aは、スムーズに契約が進めば後継者も必要ありません。
また負債を抱えている調剤薬局でも、M&Aの対価として資金が受け取れれば、新たなスタートが切れるきっかけになるかもしれません。