調剤薬局業界は後継者不足という大きな悩みを抱えています。
しかし、悩んでいるのは経営者だけではありません。
調剤薬局の後継者側も、指名されると様々な悩みが出てくるものです。
指名された方は、後継者になるにあたって一体どんな悩みを抱えているのでしょうか?

後継者側の悩み①人間関係

オーナーさんが指名する後継者で1番多いのは、やはり自分の子供です。
オーナーさんは調剤薬局の仕事内容や契約内容を引き継ぐだけでなく、後継者に「人間関係」の大事さも教え込まないといけません。
オーナーさんの子供が後継者になる場合、オーナーさんが従業員や取引先としっかりした人間関係を作っていれば、後継者も良好な人間関係を作りやすくなります。
なぜなら、オーナーさんが従業員や取引先と信頼関係の土台を築き上げることによって、「あのオーナーさんが選んだ後継者なら安心だ」と思ってもらえるからです。
ただ後継者に指名された子供側からすると、「自分が後継者になることで、オーナーさんが作った人間関係を壊すかもしれない」という悩みを抱える可能性もあるのです。
ましてや、後継者は必ずしもオーナーさんの子供だとは限りません。
子供だと大目に見てもらえる部分もありますが、募集した薬剤師や元々その調剤薬局で勤務していた薬剤師が後継者になる場合だとなおさらそのハードルは上がります。

後継者側の悩み②後継者としての自覚

オーナーさんの子供を後継者に指名する場合、もしくは従業員の薬剤師を後継者に指名する場合は、指名した本人に「後継者としての自覚を持って頑張ろう」という気持ちがなければいけません。
外部から募集した人材を後継者に指名する場合は、元々後継者としての自覚が強い人材が入ってくる可能性が高いです。
オーナーさんの子供や元々従業員として働いていた薬剤師は、「後継者としての自覚を持てるのか」という悩みを抱えるケースも多いでしょう。
これまで調剤薬局で働いていた場合でも、後継者となれば仕事内容も増える上に、先ほどのように人間関係もしっかり築き上げないといけません。
つまり、責任を持って調剤薬局を経営するという気持ちがなければ後継者にはなれないということです。
当たり前のことですが、実際に経営者にならないと分からない大変さも多いので、悩んでしまう後継者は多いのです。

まとめ

調剤薬局の後継者不足という問題は、経営者側の悩みに注目が集まりがちですが、後継者側も簡単には後継者になれない悩みを抱えているのです。
オーナーさんは、後継者に対して経営者になるという自覚を教えることも大事ですが、M&Aで調剤薬局を売却するのも1つの方法でしょう。
オーナーさんは後継者の指導に時間を割くことなく、効率的にオーナーさんをリタイアすることが出来ます。