調剤薬局のオーナーさんがM&Aでの企業買収を決めたその後、どんなステップを踏んで手続きをすれば良いのか解説します。
今回紹介するのは、「事業譲渡」での企業買収を決定し、M&Aの仲介業者に依頼する場合の流れです。

M&Aでの企業買収を決めたその後の手続き①M&A仲介業者への相談

企業買収を決めたその後は、まずM&A仲介業者への相談を行います。
仲介業者への相談では、調剤薬局の経営理念、譲渡先の希望などの質問を受けるので、事前に具体的なイメージや数字を用意しておきましょう。
M&A仲介業者は、調剤薬局の希望を聞いた上で薬局の譲渡価格の概算を割り出します。
「これくらいの価格で譲渡出来ますよ」という価格を提示してもらえるので、オーナーさんは自身の調剤薬局の評価額を確認します。

M&Aでの企業買収を決めたその後の手続き②プランの打ち合わせ

オーナーさんは仲介業者と打ち合わせをしながら、企業買収のプランを具体的に決定していきます。
譲渡する価格、従業員雇用の計画、医療機関や顧客への対応など、企業買収のその後に影響する項目を1つ1つ明確にしていきます。
方針が決定したら、オーナーさんはM&Aの仲介業者と媒介委任契約を交わします。
つまり、「仲介業者に仲介を依頼します」という契約を交わすということです。

M&Aでの企業買収を決めたその後の手続き③譲渡先企業の紹介、選定

プランを明確にした後は、M&Aにおいて最も重要な譲渡先企業の選定を行います。
M&A仲介業者は、調剤薬局のオーナーさんの希望になるべく応じた譲渡先企業を紹介してくれます。
仲介業者によって、譲渡先企業へのアプローチ方法は異なります。
1社ずつ順番に譲渡先候補にアプローチする方法と、複数の譲渡先候補に同時にアプローチする方法です。
またオーナーさん自身で譲渡先候補を見つけた場合、仲介業者に報告すればコンタクトを取ってくれます。
調剤薬局と譲渡先候補、双方がこの契約に興味を持った場合、仲介業者は両社の顔合わせをセッティングしてくれます。
経営方針や譲渡価格などの意見交換を何度か重ねながら、意見がまとまった場合に仲介業者が「基本合意書」を作成します。

M&Aでの企業買収を決めたその後の手続き④デューデリジェンス、引き渡し

調剤薬局と譲渡先企業が基本合意した後は、譲渡先企業による調剤薬局のデューデリジェンス(監査)に入ります。
調剤薬局の運営状況、什器や在庫の確認、資産や負債の確認などを行います。
最初に仲介業者が算出した譲渡価格の概算が正確であれば、デューデリジェンスが終わってからも大きく評価額が下がることはありません。
その後、基本合意書の内容変更や項目の追加などの調整をしながら、「譲渡契約書」を作成して双方の合意を確認します。
その後は調剤薬局の引き渡し日を調整し、譲渡日からスムーズに経営が出来るような段取りを進めて行きます。
譲渡の実行計画から引き渡しまでの期間は、1ヶ月~2ヶ月が一般的です。