調剤薬局のM&Aと一口に言っても、その方法は大きく2つに分かれます。
調剤薬局のM&A契約のポイントをそれぞれ解説していきますので、調剤薬局のオーナーさんは是非、参考にして下さい。

調剤薬局のM&A契約のポイントを解説!①事業譲渡

事業譲渡は、一般的によく行われるM&Aのことを指します。
調剤薬局が全ての事業、もしくは一部の事業を買い手企業に売却するという方法です。
後継者がいなくて、なかなかリタイヤ出来ないという調剤薬局のオーナーさんは、この方法でM&Aを行う場合が多いです。
体力的に自分で調剤薬局を経営するのが難しくなった場合、買い手企業に買収してもらうことで、オーナーさんは経営への負担が軽減されます。
また複数の調剤薬局を経営し、全ての店舗の経営に手が回らなくなった法人さんも、この方法でM&Aを行い、自社の経営負担を減らすケースがあります。
事業譲渡は、買い手企業がM&Aを承諾したものしかを売却することが出来ません。
従って、買い手企業が拒否したものは売却することが出来ない為、必ずしも全ての事業を売却出来るとは限りません。
不良在庫や負債を残したまま店舗を譲る可能性のある点が、事業譲渡のM&Aにおけるデメリットと言えるでしょう。

調剤薬局のM&A契約のポイントを解説!②株式譲渡

株式譲渡は事業ではなく、調剤薬局の株式を買い手企業に売却するという方法です。
調剤薬局は株式を売却すると同時に、経営権はもちろん資産も譲ることになります。
ただ調剤薬局に負債がある場合は、その負債も買い手企業が受け取ってくれます。
事業譲渡と異なり、買い手企業が必要としていない備品や在庫、負債も売却することが出来ます。
調剤薬局のオーナーさんは株式譲渡によるM&Aが成立すれば、身体的な負担だけでなく経済的な負担も解消出来ることが最大のメリットです。
また株式の譲渡契約をするだけで、調剤薬局の賃貸契約や取引先との契約はそのまま引き継がれます。
従って、調剤薬局のオーナーさんにとって、M&A契約をする際の煩わしさがないという点もメリットになるでしょう。

まとめ

正確に言うとM&Aとは呼べないかもしれませんが、「薬局経営代行」というケースも少しずつ増加しています。
調剤薬局の薬品のみを新規のオーナーに譲り、営業権や備品などは前オーナーがそのまま保有しておくという方法です。
前オーナーは新規のオーナーに調剤薬局を貸し出すことで、利益を得ることが出来ます。
この方法は、継続的な利益が見込める点がオーナーさんにとって魅力的ですよね。
どのM&Aの方法を選択するかは、調剤薬局の状況によって異なります。
自分で判断出来ない場合は、M&A仲介会社へアドバイスを求めましょう。
M&A仲介会社は、どの方法が調剤薬局のオーナーさんの要望に応えられる方法なのかを十分に考慮した上でアドバイスをしてくれます。
是非、相談してみましょう。