事業承継とは後継者に事業の経営を引き継ぐことを言いますが、調剤薬局業界では後継者不足が非常に大きな問題となっています。
今回は事業承継のパターンごとに、調剤薬局のオーナーさんが継承者を選ぶ際のポイントを解説して行きたいと思います。

事業承継のパターン①後継者が親族

親族への事業承継は、主にオーナーさんの子供が後継者となることが多く、この形での事業継承が最も一般的な形態となります。
子供を後継者にするメリットとしては、まず調剤薬局の取引先、従業員、その他の関係者の理解や協力を得やすいという点が挙げられます。
オーナーさんがしっかりと従業員や取引先と良好な関係を保っていれば、事業承継の後継者に子供を選んでも、「オーナーの息子なら」と力を貸してくれる、理解してくれる可能性が高くなるでしょう。
また、子供を事業承継の後継者に選ぶ場合、早い段階から事業継承の為の教育に時間をかけることもできる点がメリットです。
子供に事業承継をする意思があるのであれば、早いうちから調剤薬局の経営に関するノウハウを学ぶことが出来る訳です。
ただデメリットは、オーナーさんが子供を後継者にしたいという思いが先行し、経営者としての資質や能力に欠けている場合でも、事業継承させてしまうことがある、ということです。
いくら子供に事業承継をさせたいと思っていても、そこは厳しく公平な目で後継者に適任か判断しなくてはいけません。

事業承継のパターン②後継者が親族以外

すでに調剤薬局で働いている従業員や、募集した人材を後継者にするという方法です。
このパターンは、調剤薬局の後継者としての意識が高い人物、能力が高い人物をオーナーさんが選択出来るという点がメリットとなります。
オーナーさんが「この人材なら育てて後継者になってもらおう」と決められる訳ですから、非常に優秀な人材である可能性が高いでしょう。
ただ他デメリットとしては、他の従業員の理解を得るのに時間がかかる場合がある、ということです。
仕事の能力が高いこともさることながら、今いる従業員との人間関係を良好に保つことができる能力も兼ね備えていなければいけません。
従ってオーナーさんは、そういった観点も含めて後継者を選ぶようにしましょう。

事業承継のパターン③M&A

M&Aによって事業承継をする、という方法が有ります。
上記パターンのように、煩わしい後継者選びをする必要が無くなる点がメリットと言えるでしょう。
また、後継者(企業)を探す場合、資金力がある企業に調剤薬局を譲ることになるので、オーナーさんは売却益を得ることができます。
自分の要望に全て応えてくれる買い手企業を探すことは決して簡単なことではありませんが、もし理想の買い手が見つかればオーナーさんにかかる精神的・身体的負担を減らすことが出来ます。

まとめ

調剤薬局の事業承継はオーナーだけでなく、調剤薬局の取引先や従業員など多くの方に影響を与えます。
そういったことを考えると、買い手企業に調剤薬局を売却するM&Aは事業継承の際に生じる煩わしさから解放される方法だと思います。
調剤薬局のM&Aを上手く成功させるには、まずはM&Aの仲介会社に相談してみましょう。