調剤薬局業界全体の悩みとして、薬剤師の人数不足があります。これは薬剤師となる人数そのものが減少していることもその原因ですが、地域などによって偏りが生じることも問題です。このような薬剤師の人数不足を解消するために有効な手段は何でしょうか?

なぜ薬剤師の人数が不足しているのか?

それではなぜ、薬剤師の人数が不足していると言われているのでしょうか?
薬剤師となるための薬学部は、かつて4年制だったのが現在は6年制に変わっています。そうなると学費などの負担も大きくなることもあり、少子化も伴って薬学部志望者はかつての半分まで減ったといわれています。
そうした理由で薬剤師となる人数が減少したことに加えて、東京などを中心にして利便性を高めるために小規模の薬局を増やしている企業などがあるため、多くの薬剤師が雇用されていることで地方に行くほど人数が足りなくなるという事態も起こっています。
そのため、特に個人経営の薬局などでは薬剤師の人数がかなり不足しがちで、経営も厳しくなっていく傾向がみられています。

薬剤師の人数不足を解消するために有効な手段は?

それでは、どうやったら薬剤師の人数不足を解消できるでしょうか?
その鍵となるのはM&Aです。個人経営の調剤薬局がM&Aによって買収された場合、その薬局グループの一員となります。大抵の場合は雇用されている薬剤師は解雇されることなく、そのまま働くことができるでしょう。そうなった時、薬剤師はその薬局の従業員であると同時に、薬局グループの一員ということにもなります。
薬剤師が不足する場合というのは、大抵の場合一時的な忙しさによるものです。例えば内科の病院が近くにある調剤薬局は、風邪が流行する時期やインフルエンザが蔓延した時などに、薬剤師が人数不足となりがちです。そうなった時に、M&Aによってグループ傘下となっていれば他の薬局から薬剤師にヘルプとして来てもらうことができます。
同様に、他の薬局でも忙しい時期には他店からヘルプとして薬剤師を呼ぶことができるので、人数調整が楽にできます。M&Aによってグループとなった場合は、こうした方法で薬剤師の人数調整が可能となるのです。

まとめ

現在、薬剤師は人数が不足しているため、どうしても人手が足りずに経営難に陥る調剤薬局などもあります。そうなった時、M&Aによってその問題を解消することができます。
M&Aで大手薬局チェーンの一員となった場合は、忙しい時期だけ他の店舗から薬剤師を借りることで人数を補うことができます。もし人手不足であえいでいる場合は、一度M&A紹介会社に相談してM&Aを検討してみてもいいのではないでしょうか?