個人経営の調剤薬局などでは、後継者がいないために廃業を余儀なくされるケースがよくみられます。しかし、ただ廃業するのではコストもかかるため、後継者がいない場合にはM&Aによる事業承継などもおすすめです。そのメリットはなんでしょうか?

どんな人が求めている?

通常、企業などをM&Aで買収するのはやはり企業です。しかし、後継者がいないことの多い、調剤薬局などの個人経営の場合はまた異なります。
調剤薬局の場合、M&Aを行うのは同じく薬局オーナーである場合が多く、そういった場合は支店を増やすなどして事業の拡大を望んでいます。自分で1から支店を作るよりも、すでにある調剤薬局を買収したほうが固定客もついているため、集客の手間を省くことができるのです。
また、これから独立して薬局を開きたいという薬剤師によるM&Aもあります。この場合は新規に調剤薬局を始めるよりもコストを抑えられる場合が多く、すでに利用者がいるということでリスクも減らすことにつながります。
薬局に限らず、後継者がいない事業主とその事業を買収したい人とをマッチングする方法として、M&Aという方法はよく使われているのです。

オーナーのメリットは?

M&Aによって事業を承継することで、後継者がいないという問題を解決できるのはもちろんですが、オーナーにとってもメリットがあるのです。
ただ廃業するだけであれば、届け出など書類を提出することも多く、相応の手間とコストがかかります。もちろん自分の土地に会社などを建てていた場合は、その土地を売却すれば売却代金が手元に残りますが、それ以外は特に得るものがありません。
しかしM&Aであれば事業売却ということになるので、オーナーの手元には売却代金が残ることになります。そのため、オーナーの利益を最大化することができるのです。
たとえ事業を手放したとしても、オーナーの人生はまだ続きます。これから新しい事業をまた始めるにしても、老後としてゆっくり過ごすにしても、資金はなるべく多い方が安心でしょう。

M&Aで後継者がいない問題を解決すると、こういったメリットもあるのです。

まとめ

後継者がいない事業では、M&Aでその問題を解決するパターンが現在ではよくあります。M&Aといっても大企業に買収されるばかりではなく、同じ事業を営む会社が支店を増やしたい場合や、独立して事業を興す人が買いとるパターンなどもあるのです。
そして事業を売却することは、オーナーの利益を最大化できるというメリットもあります。
しかし、事業を売却したいと考えていても、なかなか売却先が決まらないこともあります。そういった時には、自社が抱えるデータベースから売却先を紹介してくれるM&A仲介会社などを利用してみてはいかがでしょうか。条件に合う相手を探してくれるので、交渉の手間も最小限で済ませることができるので、後継者がいない場合は一度相談だけでもしてみましょう。

本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ