いくら優れた経営者でも、ある程度の年齢に達した時点で引退を余儀なくされます。適切なタイミングで十分な引継ぎができていないと事業存続そのものが危うくなるため、どの企業でも事業承継がおこなわれています。

そこで今回は、事業承継の概要やなぜ必要になるのか、それをしないとどうなるかについてお話ししていきます。ご自身の事業をできるだけ長く保つためにも、ぜひ今回の記事をお役立てください。

1. 事業承継とは

事業承継とは、現在の経営者から後継者へのバトンタッチ、いわゆる「引き継ぎ」をおこなうことを指します。方法としては家族・親族に譲る「親族内承継」、従業員・役員に譲る「親族外承継」などがあります。経営権の譲渡と同時にこれまで培った人的・物的な資産までも引き継がせる、事業存続において非常に重要なプロセスだと言えます。

事業承継は経営権の移行としての意味合いが強いですが、同様に相続税対策における手段としても有効です。

2.なぜ事業承継が必要なのか

日本での経営者の平均年齢は57歳、引退年齢は70歳前後だと言われています。50代後半であれば十分に事業を運営できるだけの気力も体力も備わっていますが、70代に差し掛かるとそれが難しくなります。トップのモチベーションが下がることで事業全体の士気が下がり、存続に陰りをもたらすリスクが高くなります。

そこで事業承継の必要性があらわれるのです。自分より若く、将来性が期待できる後継者に任せることで、事業存続が実現されます。若い世代に合わせたニーズの見極めもより効率的になり、時代にマッチした商品・サービス展開が可能になることでしょう。事業をできるだけ長く存続させるには、ある程度の革新が必要になります。

3. 事業承継をしないとどうなるか

しかし、適切な後継者不足や経営者の移行により、事業承継がなかなか進まないケースが少なくありません。自らで築き上げた事業を譲ることへの抵抗感はいたって自然なものですが、早めに適切な行動をしないと事業存続が危うくなります。

その結果、収益性の減少や従業員離れ、親族とのトラブルなど、後になって取り返しのつかないトラブルが増えていきます。いくら経営者が優秀であったとしてもこのような判断ミスを避けられなければ、せっかくの事業を破綻させかねない結果となってしまいます。

だからこそ、現状よりも将来性について客観視を重ね、適切な判断ができるように万全な状態を整えておく必要があります。ある程度の年齢になってから考えるのではなく、常に先を考えていることが、事業存続をより円滑なものにするでしょう。

本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ本田ヒルズ