M&Aといえば買収や合併といったイメージが強いかと思いますが、他の目的に使われる場合もあります。その1つが事業を承継する場合ですが、その場合は特別なメリットやデメリットはあるのでしょうか?
事業承継のメリット・デメリットについて紹介していきます。

・事業承継のメリットは?

それでは、M&Aによる事業承継のメリット・デメリットのうち、まずはメリットについて考えてみましょう。
特に中小企業にありがちですが、後継者がいない会社というのは意外とあるものです。その際、経営状態が良好であれば自分が継ぎたいという人も多いでしょうが、経営状態がそれほど良くなかった場合はなかなか承継したいという人が見つからず、結局会社を畳まなければいけないことも多いようです。
しかし、そうなるとせっかく創設した会社が失われてしまい、従業員も仕事を失ってしまいます。しかしM&Aによって事業を承継することで会社は吸収・合併することにはなるものの、存続でき、従業員の雇用も守ることができます。
また、廃業するとなると様々な手続きもあるためコストがかかりますが、M&A であればそういったコストもかかりません。それどころか、事業を売却することによって利益も最大限に得ることができるので、引退後の生活資金を得ることもできます。

・事業承継のデメリットは?

それでは、M&Aによる事業承継のメリット・デメリットのうち、デメリットとなる点はどういったところでしょうか?
まず、事業を継承してしまうということはその後一切経営に関して口出しができないということになるので、会社の経営が自分の意図した方向とは違っていてもそれを正すことができません。そのため、不本意な結果につながる可能性もあります。
また、従業員の雇用を継続してもらったとしても、将来的にリストラが行われた場合、真っ先に解雇されたとしても同様に口をはさむことはできないのです。
また、そもそもM&Aというのは相互にメリットがあってこそ行われます。そのため、自分が提示した売却価格や条件などに納得する企業がいなければどうしようもありません。そうなった場合は、まず条件を見直すか、もしくは企業としての価値を高めるための努力が必要となるでしょう。

M&Aによる事業承継にはこうしたメリットやデメリットがあります。

・まとめ

後継者がいない企業がM&Aによって事業を承継するには、メリットもありますがデメリットもあります。しかし、ただ会社を廃業するくらいなら、M&Aによる存続という選択肢も悪いものではないでしょう。
M&Aによって事業を承継する際には、なるべくならメリットを最大限にしてデメリットを最小限に抑えたいものです。そのためには、一度M&Aの仲介会社に相談してみてはいかがでしょうか。