薬剤師というのは安定した仕事と言われていますが、一概にそうとは言い切れません。それでは、薬剤師が安定して仕事をするためにはどうしたらいいのでしょうか?薬剤師として、安定した仕事をするための方法を紹介します。

・薬局を経営している薬剤師が安定するためには?

薬剤師の中には、個人経営の調剤薬局を経営している人もいます。しかし調剤薬局の経営というのは不安な点も多く、個人経営の調剤薬局には様々な問題点も生じることがあるため、薬剤師として安定しているとはいいがたいでしょう。これは個人経営の調剤薬局に勤めている薬剤師でも同じことです。
しかし、M&Aで事業を売却して大手薬局チェーンの傘下になった場合、個人経営の調剤薬局が抱える問題は解決できるため、薬剤師としての仕事も安定して行うことができます。特に経営が厳しくなってきている時は、大手の傘下として事業を継続できるので安心して仕事ができると思います。
M&Aといえば相手に売却して自分は引退するというイメージがあるかもしれませんが、交渉の際に条件として自分も働くという項目を付けることで、多くの場合は自分の店でそのまま働くことができます。また、従業員であった場合も相手の雇用条件を了承できればそのまま雇用してもらえることが多いのです。
個人経営に不安を感じた薬剤師が安定を求める場合、M&Aによる事業売却はおすすめです。

・薬剤師が安定している調剤薬局を始めるためには?

また、これから調剤薬局を経営したいと思っている薬剤師にもM&Aはおすすめです。この場合は薬剤師が買収する側になることで、安定した経営をしている調剤薬局を買収するのです。
経営が順調ならM&Aに応じることはないと思うかもしれませんが、調剤薬局を経営している人は後継者がいない高齢の薬剤師である場合も多いため、薬局を継続するためにM&Aで売却を希望していることもあるのです。
そういった調剤薬局を買収することで、これまでの患者はその多くがそのまま利用してくれるので、開局したとしても患者が来るかどうかを心配する必要は少ないのです。

こうしてM&Aを利用することで、薬剤師として安定した仕事をすることができるのです。

・まとめ

薬剤師と言えば安定した仕事というイメージがありますが、中には不安が残るような仕事をしていることもあります。そういった時には、M&Aを利用することで薬剤師として安定した仕事をすることもできるようになります。
薬剤師としての仕事に不安を感じた時や、現状よりも安定している仕事をしたいと思った時は、まずM&A紹介会社に相談してみるといいでしょう。そして希望に合う条件が見つかった時には、M&Aを進めていきましょう。