後継者不足というのはどの業界でも問題になることが多いのですが、最近では特に調剤薬局の後継者不足が目立っています。後継者が不足している場合、どういった対処をするべきなのでしょうか?

なぜ、調剤薬局は後継者不足なのか

それではなぜ、調剤薬局で後継者不足が目立っているのでしょうか?以前であれば、処方箋は調剤薬局で受け取り、市販薬や日用品などはドラッグストアで買う、という人も多かったでしょう。しかし、現在のドラッグストアでは調剤薬局を併設して、処方箋の受付をしているところも少なくありません。そのため、他の買い物といっしょにドラッグストアで済ませてしまうという人が増えています。
そして薬剤師も大手の給料が高いところに勤務を希望するため、個人経営の調剤薬局にはなかなか従業員も増えません。経営難のところも多いので、わざわざその薬局を継ぎたいと考える人も少ないでしょうし、オーナーも経営が良好でない限りはあえて後継者を探したりはしない場合も多いため、後継者不足へと陥ってしまうのです。

後継者不足の調剤薬局が取るべき対処法は?

後継者不足の調剤薬局が取るべき主な方法としては、どうにかして後継者を探すか、きっぱりと廃業してしまうか、もしくはM&A による事業売却をするか、の3つがあります。しかし経営状態が良好でなければ後継者を見つけることは難しく、廃業してしまえばこれまでの顧客が困ってしまうかもしれないので、できるなら薬局が続いてほしいと考えるでしょう。
そうなると、おすすめなのはM&Aによる事業売却です。事業売却であれば多くの場合、薬局を継続していくため、これまで薬局を利用していた人も困ることはないでしょう。また、M&Aの場合は他の方法にはないメリットもあります。
事業を売却するので、売却代金が手元に残ります。もしも薬局に借入金などがあった場合も、そのまま売却先が引き継ぐことになるので自分には残りません。その代金を元にして、第2の人生を歩むこともできます。
また、従業員がいる場合もそのまま雇用してもらえる可能性が高いので、従業員も転職先に悩むことはありません。
しかし、経営からは完全に離れてしまうため、売却した後の経営には一切口を出せなくなります。自分が思っていたのとは違う方向性の経営をしていたとしても文句は言えないなどのデメリットもあります。

後継者不足に悩んでいる場合はいくつかの対処方法がありますが、その中でも事業売却はおすすめの方法です。

まとめ

どの業界でも中小企業や個人経営の場合は後継者不足に悩んでいますが、特に調剤薬局ではその傾向が顕著となっています。
そうなった時の対処法にはいくつかありますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。その中でも特におすすめなのが、M&Aによる事業売却です。もしもM&Aを希望する場合は、まずM&A紹介会社に相談してみましょう。