M&Aによって企業買収を行い、成長していく企業というのは近年よく見られます。しかし、企業買収はどういった目的で行われているのでしょうか?
M&Aにより企業買収が行われる目的にはどういったものがあるのでしょうか。

企業買収により成長力を強化する目的

企業買収を行った場合は、他の企業を自社に取り入れるということになります。そうなった時は、これまでその企業が持っていた販路や商品の生産・調達能力などもそのまま引き継ぐことになります。
それは自社の商品と同じジャンルであれば、これまではなかった販売先が手に入るということにもなり、顧客にとっても仕入れ先を変えることなく、これまでの製品に加えてさらに選択肢が増えるということにも繋がります。
また、これまでとはジャンルが異なる場合は、新たな分野を開拓していくことになり、業務内容が拡大します。また、これまでは営業する機会がなかった顧客に対しても自社の製品を売り込むチャンスが生まれることもあります。
買収した企業の経営基盤を生かして自社の成長力を強化することができる、という点は企業買収における目的としてよく挙げられています。

企業買収によって時間を節約する目的

また、企業買収は時間の節約を目的としている場合もあります。
.例えば自社が開発中の技術をすでに持っている他企業がいたとして、その技術を得るために最も早いのは、その企業を買収して技術を得ることです。それによって、この先にかかるはずだった開発の時間を節約することができます。
また、新しい販路を開拓したいときには自社で1から開拓していくよりも、すでにその販路を持っている企業がある場合には、企業買収によって販路を得ることを目的として、その企業に対してM&Aを行う場合もあります。
企業買収には多額の資金がかかる場合もありますが、目的を自力で達成するには時間がかかるようなら、その分の時間を買うと考えて行われる場合もあります。

M&Aによって企業買収が行われるときは、こういった目的がある場合も少なくありません。

まとめ

M&Aによって企業買収を行う場合、そこには様々な目的があります。それは自社が単独で成長していくよりも大きく成長するためであったり、成長にかかる時間を節約するためであったりといった目的です。
しかし企業買収に目的があったとしても、その目的に合致する企業がM&Aに応じるとは限りません。その成功率を上げるため、もしくは他の会社でもいいので企業買収をすることで目的を達成できる会社を探してもらうためにはM&A仲介会社などに相談してみるのもいいと思います。特に時間をかけずに企業買収することを目的としているのであれば、早めに相談してみましょう。