従来では、事業承継というと経営者・オーナーの家族・親族に引き継がせる「親族内承継」が一般的でした。しかし、事業承継に対しての平等性や客観視が進んでいる現在、それ以外の方法も注目されだしています。家族や親族でなくとも優秀であれば従業員や役員に引き継がせたい、という経営者・オーナーが実際に増えています。

そこで今回は、「親族外承継」とそのメリット・デメリット、注意点についてお話ししていきます。

親族外承継とは?

親族外承継とは、経営者であるオーナーの家族・親族以外の立場に経営権を譲ることです。この場合、企業に務める従業員や役員などが対象になります。

従来では家族・親族に継がせる親族内承継が根強かったものの、家族トラブルや親・子供の意見の相違により、この方法が採用されるケースが少なくなりました。それに対して現在注目されている方法が、親族外承継です。

親族外承継のメリットとデメリット

親族外承継のメリットとしては、経営者に信頼されている優秀な従業員・役員に事業を引き継いでもらえることです。親が経営者だからと言ってその子供も優れた経営手腕を発揮するとは限らないので、親族内承継はかえって失敗するケースが少なくありません。その点、長い間事業に協力してきた従業員や役員のほうが、経営権を取得しても円滑に乗り切れると考えられます。また、社内の人材が経営権を引き継ぐため、取引先との良好な関係を維持しやすいというメリットもあります。

一方、親族外承継には、莫大な資金がかかるケースがあるというデメリットもあります。特にオーナーである経営者が株式を所有している場合、引き継ぐ従業員・役員がそれを買わなければなりません。そこで多額の費用が生じてしまい、計画が破談になってしまうことがあります。さらに、オーナーと従業員・役員の間で意見の相違があらわれ、思わぬトラブルに発展するケースも少なくありません。

承継をおこなう際の注意ポイント

そのため、親族外承継を検討する際には、このようなデメリットにも目を向ける必要があります。従業員・役員に十分な資金力があるかを確かめ、適切なタイミングでバトンタッチしていきましょう。

当事者だけでの解決が難しい場合には、その道の専門家にサポートを仰ぐのも手段のうちです。

以上、親族外承継についてお話ししました。事業の発展を考えると、この方法は今後も有力な手段になっていくことでしょう。メリットとデメリットを十分に把握し、ご自身の事業に役立てていきましょう。