現在、【M&A】を希望する業種として、調剤薬局からの相談が増えつつあります。【M&A】を希望する調剤薬局はどういったことを相談しているのでしょうか?【M&A】に対する調剤薬局からの相談として、特に多いものを紹介します。

・経営が不安

現在、調剤薬局を取り巻く環境は不安な点がいくつかあります。調剤報酬が引き下げられたことで利益が減少し、経営が圧迫されていることや、消費税アップ後の経営に不安を抱いている場合もあります。
また、大手の薬局チェーンやドラッグストアが増加したことで患者そのものが減り、経営が厳しくなったために【M&A】を検討している調剤薬局からの相談も増えているようです。
経営が厳しくなってくると、雇用している従業員をどうするかという問題も生じます。もしも倒産してしまうようであれば、従業員も解雇となってしまうため、どうにか従業員の為にも大手チェーンの傘下などに入りたい、と【M&A】を検討している調剤薬局からの相談も少なくありません。

・継ぐ人がいない

調剤薬局を経営している人はすでに高齢の人も多いのですが、後継者がいないためなかなか引退できない、と【M&A】を検討している調剤薬局からの相談も多いようです。
後継者不足については個人経営の調剤薬局にはよくある悩みで、薬剤師が不足していることも一因となってなかなか調剤薬局を継ぐ人が見つからないのです。
特に健康上の問題があるオーナーはできるだけ早く後継者を見つけたいと思っているのですが、見つからないまま廃業すると患者が困ることになります。そのため、【M&A】を希望する調剤薬局が仲介会社などに相談しています。
また、廃業と違って【M&A】であれば手元に売却代金が残るため、老後の事を考えて【M&A】を希望する調剤薬局が相談していることもあります。
しかし、調剤薬局を売却するにしても相場などが分からなければどう考えていいかはわかりません。そのため、売却を考えるようになったらまずは【M&A】の仲介会社の中でも、特に調剤薬局を専門としているところに相談してみるといいでしょう。

・まとめ

現在、【M&A】を希望する調剤薬局が仲介会社に相談する例が増えています。個人経営の調剤薬局では多くの問題を抱えているため、その問題を解消するための方法として【M&A】はどうか、と考えた調剤薬局が相談しているのです。
実際に、【M&A】によって調剤薬局が相談している問題の多くは解決できます。